2008年01月31日

生みの苦しみ・・・





ども、七代目です。今日は個人的なお話しでーす(^_^)



わたしは男なので、本当の意味での「生みの苦しみ」は経験すること
叶いませんが、モノを作る意味での「生みの苦しみ」はちょっとは
分かっているつもりです。



今月も地元の新聞の漫画コラム連載の〆切りがやってまいりました。
その月ごとに、旬にあわせた自分らしい漫画を描くことをこころがけて
いますが、さすがにネタが出てこないときは悶々とするんですよ~



ネタっていうのは、頭の中のパズルが「あーでもない、こーでもない」
って感じでくっついては離れ、とにかくいろんなイメージが錯綜する
のです。
悶々とするのは、それが自分の中で「面白くないッ!」てダメ出し
ばかりになるときです。だんだん、何が面白いのか分からなくなってきます。



そうすると、一番いいのは気分転換です。



気分転換にはいろいろですが、おそらくベストだと思われるのはリラックス
してアイディアが「おりてくる」空間を自分で作ることですね。
とにかくボーーーッとしてみたり、布団の中を芋虫のようにゴロゴロして
みたり、好きな本を読み漁ったり、車でどこか遠くへ現実逃避してみたり・・・



そうすると、ある時「ポンッ」とひらめきます。



そいつを逃しません。とっつかまえて、ある程度かたちができてくるまで
集中して取り組みます。あとは野となれ山となれ、です。
〆切りに追い詰められるほど、ひらめく確率は高くなります。



そんな調子で毎度乗り越えているので、ある意味すごいな~と自分でも
思いますが、「生みの苦しみ」が大きいぶん、作品ができた時の
充実感も、ひとしおですね(^-^*)



ときには、「くりえぃてぃぶ」な休日を過ごしてみては、いかが?






●ロビーからの渓谷を眺めてたら、何かアイディアでも浮かびそうです
     ・・・吉川屋公式HPはこちら(PC)  (モバイル)
  


Posted by まちゃき七代目 at 21:12Comments(0)つれづれ