2008年02月26日

「社長と女将の三丁目の夕日」その5





~社長の子供時代③~



私の生まれ育った飯坂温泉は、一昔前は東北一の歓楽温泉郷として名前を馳せたものでした。芸者さんもピーク時の昭和40年頃には200人以上はいたのではないでしょうか。
町中のあちらこちらから三味線や小太鼓の音色が聞こえ、夕方ともなるとお座敷に向う芸者さんたちがカラコロと花下駄を鳴らして大勢歩いていたものです。
実は私の遠縁にも芸者置屋をやっている方がいて、小学生の頃は学校の帰りに時々寄り道をしたものです。家の作りも窓には格子がはめてあり、いかにも置屋さんといった風情のある建物でした。二階に上がりますと大部屋があって部屋の隅々には鏡台が何台もおいてあり、出勤前のお姐さん方がお化粧やら着物の着付けをしていました。私はお姐さん達にも良く「たかちゃん、たかちゃん」と可愛がられ、遊びに行く度にお菓子やジュースをご馳走になった記憶があります。大部屋に漂っていたおしろいやカツラを整える油の匂いも、今は懐かしい思い出となりました。
大勢いた芸者さんも時の流れと共に、一人消え二人消え・・・今ではたった七人になってしまいました。でもご安心を。もし宴会でお姐さん方を呼びたいと思った時は、飯坂温泉にはバンケットコンパニオンさんが結構沢山おり、お座敷を盛り上げてくれますので・・・



2008年2月26日 社長
  

Posted by まちゃき七代目 at 19:40Comments(0)社長と女将の三丁目の夕日