2008年02月27日

「社長と女将の三丁目の夕日」その6





~女将の子供時代③~



私の母は11人兄弟、父は4人兄弟でした。
母が長女で20才の時に私は生まれました。
母の一番下の妹(叔母)と私は7つしか年が違いません。
そういう状況で叔父や叔母に妹のように可愛がられ
お人形さんをいじるようにいつも髪を三つ編みやポニーテール
など色々なスタイルにしてもらってました。



夏休みの友や冬休みの友などはお陰で教えてもらうことが
でき休みに入ったとたん仕上げてしまい夏友、冬友の
心配なく存分遊んだ記憶があります。
トランプの神経衰弱が私は得意でいつも勝っていました。
一瞬のうちに何がどこにおかれていると覚えこませるのが
得意とするところでした。結婚した頃主人に私の記憶力は
すごいわと褒められましたが年とともに今は忘れることも
しばしばです。



2008年2月27日 ひでこ女将


  

Posted by まちゃき七代目 at 20:21Comments(0)社長と女将の三丁目の夕日