2008年06月08日

幻想的なホタルの乱舞を見に行きませんか?





初夏の風物詩のひとつとして、ホタルを思う浮かべる人は
多いかもしれません。



むかぁし、わたしが連れていってもらった母の実家がある
千葉県の片田舎では、家の前に田園風景が広がり、夜になれば
ほのかな灯りが無限に織りなすホタルの乱舞は、当り前の景色
でした。



昔は人々の生活とともにあったホタルの景色。



現代文明の発達と、田畑が住宅地やビルという景色に移り変わって
いったこともあり、いつしか人々の元風景から、ホタルは姿を
消していきました。



いま、「ホタルが見れる」ということは立派な観光素材になっています。



ほんとうに人里離れたところで見れるホタルから、何十年という
時間をかけてホタルを復活させたところまで、いろいろですが
時期になるとどこか懐かしさを感じさせてくれるホタルの光を見たい
お客様がたくさん訪れるそうです。



吉川屋の近くのヒミツのホタルスポット。
ピーク時には約2,500匹のホタルが乱舞します。
わたしも昨年行ってきましたが、優しい光が星のように
地上にまたたく姿は、いつまでも見ていたいような
ノスタルジーあふれる光景でした。







今年から、吉川屋では6/25~7/7の間、ホタルが
観賞できる場所まで毎晩シャトルバスが走ります。
受付は夜6時まで、先着25名様限定になります。



優しい光に癒される、幻想的なホタルの乱舞を見に来ませんか?



※ホタルは自然環境の中で生息しておりますので、天候・気候
の都合上ご覧頂けない場合もございます。予めご了承くださいませ





●吉川屋から、秘密のホタルスポットへご案内するプランはコチラから



●日本の元風景、生きています・・・吉川屋公式HPはコチラ(PC)  (モバイル)  


Posted by まちゃき七代目 at 20:27Comments(0)お得なプランのご案内