2009年03月12日

土湯温泉を視察だぜ!②

こんばんニャー、七代目ですニャー






どうも昨日のマタタビがまだ抜けてないようです(?)







さて、気を取り直して、飯坂温泉観光協会青年部による「土湯温泉視察」
の続きです!緑茶でも片手にお付き合いくださいませませ~
















土湯温泉の名物のひとつは、この「釣り橋」なのであります!






実は今の時期、通行止めなのですが観光協会さんのはからいで
特別に視察させていただきました!!






夏の暑い時期はマイナスイオンが、秋は紅葉が綺麗そうですね~♪














釣り橋はけっこう高いですよ~






一周回ったらけっこういい運動になりそうです(^_^)
















「こけし」が有名なだけあって、温泉地のいろんなところにオブジェが
あります。ぜひ顔をあてはめて記念写真を撮ってみては!?





「きみも土湯こけしだッ!!」






・・・撮ってくればよかったぁ~(/д<)















温泉地内に4ヶ所ある足湯のひとつで、青年部メンバーとパチリ☆






外の気温はまだ涼しいのですが、やっぱり足湯は気持ちいいですネ!















街中のお土産やさんでも、気軽にこけし絵付け体験ができます!!






旅の思い出に、いかがですか?





実演もやっていますよ♪















また、土湯温泉観光案内所の近くには、お洒落な「ひさごCAFE」があります。






手作りのお菓子やスウィーツ、美味しいコーヒーなどが楽しめます!





足湯めぐりのあとに、ちょっと甘いものが食べたい、なんて時にはバッチグゥです♪













こうやって飯坂温泉から最も近い温泉、土湯温泉さんを視察させていただいて、
まちづくりの努力が花開いて、観光の充実した温泉地だと勉強になりました。






ある時期を堺に、「温泉地」の定義が変わった
のだと、わたしは思います。







かつては飲み屋やお土産屋がたくさんひしめいていた「遊興型」の温泉地から
「テーマ型」の温泉への転換がはかられ、九州の「湯布院」や「黒川」温泉の
ような本来のその土地の魅力を前面に押し出した「温泉観光地」にいま、
人気が集まってきています。






いま、かつて「遊興型」温泉地であった飯坂温泉は、「テーマ型」温泉地へと
長年のまちづくりの成果が実り、変化しつつあります。






温泉地のランドマーク的公衆浴場「波来湯(はこゆ)」、そしてかつて飯坂で
有力な氏族であった堀切氏の旧跡地「堀切邸」が、観光向けに改修工事を
しており、平成22年にはそのふたつの目玉の観光スポットが完成し、新しい
飯坂温泉が脈動をはじめます。






そして、ハードからソフトへ。








他の温泉地の視察は、若者が本気で自分たちの郷土を愛し、自らの手で
住みやすいまちづくりに汗を流し、外に向けて自慢できる自分たちの
温泉地をつくっていくための、小さな、小さな一歩なのです。







そしてまた、時代は変わったのです。





「自分のとこの旅館だけよければいい」






「自分のとこの温泉地だけよければいい」







そんな時代はもう終わりをつげました。












ハードからソフトへ。そして“ハート”へ。












飯坂温泉が福島市内の土湯温泉、高湯温泉と手を取り、
隣町である桑折町、国見町、保原町、梁川町、そして相馬市まで・・・
南に行けば二本松市の岳温泉、そして郡山まで・・・





それが、国がすすめようとしている「観光圏構想」の実現に
向かう第一歩!






七代目はさらに、宮城県の白石、仙台、そして松島へ・・・
山形県の米沢、赤湯、山形市へ・・・






「県」という枠組すら超えて、観光地間の協力が進んでいけると
きっと信じています。







近くの観光地が手に手をとりあっていけば、お互いを切磋琢磨し
素晴らしい観光の魅力がどんどん広がっていくことでしょう。







それは、お客様が「ぜったい行きたい!!」と思える観光地。






日本の観光はこれから劇的に面白くなってきますよ!!











そしてその主役は、旅館の旦那であったり、商店街の若者であったり
地元の主婦だったり、農業・漁業で地域を支える人だったりするのです













・・・これからに、ご期待ください。











不況だとか、なまぬるいこと言ってる場合じゃなくなるかもですよ?





わたしたち、若者がきっと変えます。日本の未来を。







(あれ!?なんか締めが政治家みたいなこと言ってる!?)






●こけしの郷へ、ようこそ⇒土湯温泉さんのHPはこちらから






●なんだかうまくまとまったようなまとまらないような・・・
 でも、空振りする情熱だけは、あります!!
 ・・・吉川屋公式HPはコチラ(PC)  (モバイル)

  


Posted by まちゃき七代目 at 20:26Comments(0)七代目おすすめ!

2009年03月11日

土湯温泉を視察だぜ!①

こんばんは、七代目です!(^o^)/






先日、観光協会青年部のメンバーと、土湯温泉を
視察してまいりました~







あ、みなさん土湯温泉はごぞんじ?








福島県内にお住まいの人なら分からない人はいないと思いますが、
ちょっと遠くにお住まいの方に説明しますと、福島市内にある温泉、
「飯坂温泉」「土湯温泉」「高湯温泉」はどれも特徴をもっているのですが
標高の高い山間にあり、土湯こけしで有名な温泉地です。古くは聖徳太子
の由来の地でもある、歴史ある温泉場なのですよ~






飯坂温泉からはフルーツラインを使ってだいたい40~50分、
福島西ICからは30分くらいの場所にあります。






福島の中心地から、飯坂、土湯、高湯の3温泉は衛星のように
同じ距離に違った個性で分布しているから面白い








今回、温泉地づくりに力を入れている土湯温泉さんにいろいろ学ぼうと、
飯坂温泉の若者達がやってきました!!
















土湯温泉観光案内所。





国道115号から土湯に入り、坂を下るととても分かりやすい場所にあります。
すぐ隣には、こんにゃくで有名な「金蒟館(きんこんかん)」さんがあります。
こんにゃくアイスは美味!ですよ
















土湯観光協会の事務局長さん、観光協会青年部の方たちと交流会。






土湯温泉のまちづくりの取り組みと今後の展望など、包み隠さず教えて
いただきました。綿密な組織づくりや、試行錯誤を繰り返しながら積み重ねて
きた温泉地への情熱を感じ、とても実りのある交流会となりました。

















交流会のあとは、土湯のポイントを巡りました。






土湯温泉から山奥へ2km行ったところに、源泉があります
ちなみにここは一般の人は入れません。





土湯温泉さんの公式HPなどで、時期によっては「源泉探訪ツアー」
などもあるので、行きたい方はそちらを参考に・・・♪
















土湯の源泉は、世にも珍しい「蒸気」の温泉なんです!!





この蒸気を冷して、温泉にして各お宿に供給しているわけですね~






この蒸気を使ってつくったふかし芋を頂戴したりして美味しくいただきました






自然のエネルギーを間近で感じることができる、貴重な体験なのです
















再びまちなかへ。






こけし記念館では、実際にこけし作りの実演を見ることができました。





伝統って素晴らしい!ですよね






こけし絵付けコンクールの作品なども展示されてました~

















お昼は「ひさご」さんでおそばをいただきました!!






手打ちのおそば美味しい!天ぷらも美味でした~






土湯温泉さんは郷土料理開発にも力を入れているとか。






勉強になりますっ!















自然に囲まれた環境だからでしょう、お土産屋の軒先には





「メグスリノキ」や「マタタビ」なんかが売られています






おうちにニャンコがいるとこなんかは、買っていったらめら
喜ぶニャーよ!きっと。目がとろ~んとしてくるかもしれないニャー








さてさて、一回だけでは土湯温泉さんの魅力をお伝えきれませんでした!





内容盛り沢山の続きは、明日をお楽しみに~!!  


Posted by まちゃき七代目 at 20:13Comments(0)七代目おすすめ!

2009年03月10日

あの有名な三春の滝桜・・・だけじゃぁないんですっ!

こんばんは、七代目でございます。






みなさん、福島の桜というと何を思い浮かべますか?






写真家秋山庄太郎に「福島に桃源郷あり」と陶酔させた「花見山」
福島の大人気スポットですが、全国的な知名度でいうと
「三春の滝桜」と聞くと、ああ知ってる!なんて方は多いのでは??






三春の滝桜は、日本三大桜のひとつといわれています。
(のこりのふたつは山梨県の山高 神代桜<樹齢2,000年余>と
岐阜県の根尾谷 淡墨桜<樹齢1,500年余>らしいですよ!)















わたしも見に行ったことがありますけど、歴史を感じさせるどっしりとした
存在感と、風にゆられる滝桜の花びらは、心奪われる美しさですよ♪
木の根の間近にいって、枝が手を伸ばせば届きそうなくらい近くまで
いけますし~






なんというか、ご利益(?)がありそうな立派な滝桜ですっ






年間で30万人もの観光客が訪れる理由がわかりますっ!


















もともと三春は三春藩の城下町だったので、この滝桜以外にも、歴史ある
神社仏閣が多いので、それにまつわる多くの美しい桜が多いのも、この
三春町なんです。





三春町観光協会さんでは「レンタサイクル」も貸し出しているそうなので、
お友達と「桜めぐり」や「桜ウォーキング」をしてみては??






詳しくは三春町観光協会さんのHPをどうぞ♪







ほかにも、景観の美しい「三春ダム」や、いろいろなハーブ畑が充実し、
お洒落なレストランもある「三春ハーブガーデン」、三春駒や三春張子人形
などの民芸品の体験もできる「高柴デコ屋敷」など、いろいろな近くの観光も
オススメです☆







ただ、気を付けたほうがいいのが、有名な観光地ゆえに桜満開シーズン
には渋滞も予想されます。三春駅からは現地まで4月11日から24日の期間中、
観桜バスが毎日運行しているので、そちらを使うのも手ですよっ






☆三春の滝桜にかんする、よくあるご質問ページはこちらから☆







有名な滝桜と、福島の桃源郷の花見山、穴原温泉に泊まって
最高の桜日和を楽しんでみませんか♪






●吉川屋から三春の滝桜まで約90分!飯坂IC⇒郡山JTC⇒船引三春IC
 日本三大桜を楽しむ東北の旅行なら
 ・・・吉川屋公式HPはコチラ(PC)  (モバイル)




●当館よりすぐりの「桜プラン」とあわせて楽しみ倍増!!
 昨年も好評だったニコニコ桜プランをちょっとチェックしとく?
  


Posted by まちゃき七代目 at 20:13Comments(0)七代目おすすめ!

2009年03月09日

うわぁ~♪はるだぁ~☆

こんにちは~!

スタッフブログに独立したのに、

たびたび里帰り(?)してます、ももこです♪



今日、打ち合わせを終えてお見送りをするために

ロビーに出たら、

吉川屋の新しい「はる」を見つけましたぁ!








キレイでしょ?

自分の職場なのに、思わず、

「うわぁ~icon06」と

口走ってしまいました~!

すぐにカメラを取りに戻り、パシャcamera



いいね~!

もう一枚!










昨日七代目は、カモシカに取り乱してましたが、

ももこは、ロビーの春に、若干興奮気味なのでしたface05



桜は、日本人の心を、騒がせます。

(あ。ももこはくじらだけどねicon10



企画室すたっふ ももこ

  
タグ :


Posted by まちゃき七代目 at 17:56Comments(0)ももこの日記

2009年03月08日

【速報!】幸運のカモシカの初撮影に成功!!

み、みみみみなさん速報ででっでですすすぅ!!!











・・・ハァハァハァ






・・・ごっくん






・・・ハァハァハァ






・・・ハァハァ、すみません取り乱してしまって・・・(^^;)ゞ












吉川屋のラウンジやお風呂から眺める【絶景の渓谷】には、
ときおり天然記念物のカモシカが出てくるのですが、いままで
あまりこのブログでそういったことを説明しなかったと思います。















なぜなら、写真に撮れたことがなかったから。
















だって、毎日いる七代目のわたしですら、カモシカを発見するのは
年に3~4回あればいいほうです。






カモシカが自然の色と同系色というのもありますが、とにかく
発見自体がレア!






そして、カモシカが出て来た時に
カメラを持ち合わせている可能性はほぼゼロに近いのです。










以前、偶然でてきたカモシカに遭遇した時にカメラを持ち合わせて
いたこともあったのですが、普通のコンパクトカメラでは、どんなに
ズーム機能を使っても、100メートル先の断崖絶壁にいる
カモシカを撮る事は不可能!!





もし撮ったとしても、なんだかぼんやりと茶色い何かが写っている
くらいのもんです。携帯の写メも同じ。撮影は不可能です。













でも・・・気付いている貝?






俺はもうあの時の俺とは、違うんだぜ!!!







いまこそ・・・








吉川屋の断崖絶壁の渓谷に出るカモシカを、






撮り収める・・・ッッッ!!!















時刻は、今日の午後3時ころのことでした。






吉川屋の渓谷には、サルもカモシカも出ますが、出現すると窓ガラス側に
人だかりができるので、だいたい分かります。





わたしも最初は発見できませんでしたが、よ~く目をこらして見ると
茶色い風景の中に、灰色のひょこひょこ動くヤツが見えますね。











これは・・・





シャッターチャーンスッッ!!!!















いそいで事務所にひとっぱしり、愛機のK200を片手にダッシュで
ラウンジに戻る。






「さんざん待たせたな、ジョニー!<誰」






「これが貴様の年貢の納め時さ。覚悟しなッ!!」












パシャリ。






















うまく撮れているか撮れていないかを確認する間も惜しく、
写真映え、ブログ映えしそうな画が撮れるまでシャッターを
きりまくる!!!







パシャリ。

















マーキングなのか、木の枝に頭をスリスリしてます。ういやつめ。






しかしカモシカの運動神経の良さには驚かされます。





アップでトリミングしてますが、人間にはとても辿り付くことができない
断崖絶壁の細い道をのそのそと歩いています。




















「もののけ姫」にでも出てきそうな絶壁と、ゆうゆうと歩くカモシカ・・・












画になるな~!!!\(^o^)/











自然という絶景のキャンバスに、天念記念物のカモシカ!!!








これを、幸運といわずして、なんといおうか。






当館でカモシカを見れたお客様は、ラッキーですよ☆

















遠~くから見ると、鹿というより「巨大な犬」みたいな感じのカモシカ。






実は七代目は人生の中で、目の前でホンモノのカモシカと対面したことがあります。






一回目は、小学校の学校の帰り。二回目は、中学校の友達の家に遊びに行く時。







子供が間近で見ると、とても大きく存在感があり、「蹴られたら一貫の終わりだな」
と思う野生の力強さがありました。







癒しの近代旅館から眺める景色の中に、野生のカモシカ。
これは、何よりのお土産かもしれませんねっ☆





わたしのなかでは、「幸運のカモシカ」なんです♪
吉川屋にいらした時は、しばし渓谷の風光明媚な景色を
じっくりと眺めてみてはいかがでしょう??(^_^)/







●野生にかえる、絶景露天風呂で自然とひとつになる
 ・・・吉川屋公式HPはコチラ(PC)  (モバイル)




●お部屋から、カモシカ発見できちゃうかもよ!  


Posted by まちゃき七代目 at 19:44Comments(5)七代目カメラ劇場

2009年03月07日

定額給付金は、大切な人のために使ってください。

おばんです、七代目ですにゃー







いよいよ、国会でもめにもめた「定額給付金」が支給されますですね。





給付金はひとりにつき12,000円。
18歳以下と65歳以上の方には20,000円。






「税金を使うなら、もっと効果的な景気対策をしろ」と世の中の声もありながら
国からおこづかいをもらえるとなれば、ありがたくいただく、というのが
最近の風潮ではないでしょうか?






大事なのは、使い方ですよね~








これはラッキーとばかりに、この不況の愚痴をガード下の赤ちょうちんで
発散するもよし、将来の不安に向けてとりあえず貯金!するもよし、
おこづかいを減らされて我慢していたゲームを買ったり、女友達同士で
ちょっとプチ贅沢をしに行こう!と旅行雑誌を眺めるも良し・・・







国としては、需要刺激として思いっきりパーンと使ってもらって、
地方を潤してほしいんでしょうけどね(^_^)







七代目は・・・正直、何も考えてません(^_^;)







てゆうか、改めて「お金の使い方」について考えさせられる機会だな~
と思うのです。

















適当な使い道だな、と思うのはやっぱり「旅行」かな~と思います。







モノを買えば、たしかに形としては残りますし、自分が欲しかったものが
手に入れば満足でしょう。でも・・・買ったものというのは、いつしか当り前
になってそのありがたみはどんどん薄れてしまうような気がします。
新しいものがでれば、またそっちが欲しくなってしまいますものね。


















だからこそ、「形が残らないもの」にお金をかけたいなって思います。








いつか給付金をもらったことさえ忘れても、旅に行った思い出は、
笑顔でうつっている写真を見るたびに思い出すことができます。






給付金はたった一度きりでも、楽しい思い出はこれからの大変な時期を
乗り切るための、一番の心の支えになってくれます。
モノを買うことが決して悪いとはいいませんが、これほど「お金の使い道」
として効果が大きいものは、他に見当たらない気がするのです。







旅館のお料理に対してお金を払っているわけじゃ、ない
旅館のお風呂に対してお金を払ってているわけじゃ、ない
旅館のお部屋に対してお金を払っているわけじゃ、ない
旅館のサービスに対してお金を払っているわけじゃ、ない

















一生に一度だけの大切な体験・・・





思い出、笑顔、家族のつながり。







「お金で買えないもの」にお金を払っているのだと、思います。














どうか、笑顔を。













厳しい世の中の現実に立たされているわたしたちが、これからも笑顔で
あり続けることができるように。





そのために必要なのは、大切なひとたちの笑顔です。






このブログを読んでくださるあなたが、大切な人たちの笑顔にいつも
囲まれていますように、七代目は祈っております。







・・・ちょっと辛気くさくなっちゃいましたね~(笑)






吉川屋は、いつもお客様の笑顔とスタッフの笑顔で溢れてますよっ♪
ご来館される方、ぜひわたしたちと一緒に楽しい時間を過ごしてくださいね☆






●168年の歴史が積み上げてきた、上質な時間。川の流れとともに。
  ・・・吉川屋公式HPはコチラ(PC)  (モバイル)




●家族水いらずでお部屋食!ちびっこグッズやキッズメニューも充実!
 お母さん安心、ちびっこ満足、家族の団らんを約束します。
 ⇒贅沢な田舎を満喫するプランはこちら  


Posted by まちゃき七代目 at 21:12Comments(0)つれづれ

2009年03月06日

仲居さんみんなで、パチリ☆





日は月イチの大朝礼がありました~(^o^)/






先月の2月16日に楽天トラベルアワードの受賞があり、翌日の2月17日
に地元のテレビでアワード受賞の風景、また受賞施設のさまざまな
取り組みが紹介されたのですが、今日は社員ほぼ全員が集まる
大朝礼で、その録画した放送をみんなで見ました♪






七代目もインタビューされていて、はずかチ~!(*/▽\)
んですよね、あの放送・・・
(でも、テレビを見ましたって予約してくださったお客様もいらっしゃいました
ありがとうございます!!!)







今回「楽天トラベルアワード お客様の声アンケート大賞」ということで
いただきましたが、満足度の高いお客様のお声は、スタッフのひとつひとつ
の気配り、心配りの積み重ねの結果なのです。







ということで、アワード受賞の楯をもって仲居さんみんなとパチリ☆






これからも「田舎らしい温かいおもてなし」で、ご来館されるお客様に
命の洗濯ができる贅沢な時間を提供していけるよう、スタッフ一同
頑張ってまいります!!!






今回受賞にいたったのは日々支えていただけるお客様のおかげでございます。
心より感謝申し上げます。




本当にありがとうございました!!!






●人と人のつながりが、喜びと感謝の輪になりまた歴史のいちページになる。
 お客様ひとりひとりの出会いもまた、吉川屋の歴史なんです。
 ・・・吉川屋公式HPはコチラ(PC)  (モバイル)  


Posted by まちゃき七代目 at 19:50Comments(3)自慢のスタッフ紹介

2009年03月05日

寝ぼすけ七代目に朗報!?

んばんは、寝るの大好き七代目ですface04






みなさんは、毎日ぐっすり快眠しておられますか??






働きすぎで、明日の仕事が気になって、子供の世話で
疲れがたまって、なかなか睡眠がとれていない気がする・・・





なんて、現代を生きる私達にふりかかるストレスは、
生きるために必須である「睡眠」の弊害になりかねません。










もしもですよ?







あなたの睡眠があなたの思い通りになるとしたら・・・face08










どんな生活を送りたいですか?











毎日スカッと気持ちの良い目覚めで起きられたら・・・face12










気持ち良く朝から仕事に精が出せると思いませんか?

















そんな夢のようなアイテムを、先日七代目はネットで
買ってしまいました。時計











その名も
「スリープトラッカー」!!<大山のぶ代の声で







なんとこの時計、ただのハイソなデザインの時計ではありません。






人間は寝ている間に深い睡眠と浅い睡眠を何度か繰り返しているのですが、
この時計は人間が一番眠りが浅く、すっきりと起きられるタイミングに
起こしてくれるのです!!!







眠りが深い時に大きな音の目覚ましで起こされたら、それはもう不快ですよね。
ボーっとしたまま、午前中もなんだか会議の声もよく入らず、一日の半分は
眠ったような感じだったり、もう一回・・・なんて二度寝なんてしたもんなら、
朝起きた時の目覚まし時計の秒針を見て顔面蒼白、なんて経験された方も
多いのでは??







いろんなマスコミにも取り上げられたこの魔法の時計なら、近所に爆音
ひびきわたるメガ目覚まし時計や、携帯のアラームの応酬に囲まれて
起きている七代目も、高原に吹くさわやかな風のような目覚めがきっと
手に入ることでしょう・・・!!!








はてさて、気になるその使用結果は・・・!?








































・・・たしかに眠りの浅いタイミングで起こしてくれるのですが、
バイブレーターの動きが優しく感じられて、あやうくもう一度
睡眠の世界に引き戻されてしまいます・・・!!(^_^;)






このスリープトラッカーがベストタイミングで起こしてくれたら、
あとは気力です・・・!!!!
















<結論>





・睡眠時間をちゃんととるために、早く就寝しましょう。






・ちゃんと目覚めるかどうかは、気力の問題です。









・・・今後はこのスリープトラッカーの力を借りて、朝5時起きを
目指したい七代目でした・・・♪






●身体の芯から温まり、ぐっすり眠れる温泉、穴原温泉
  ・・・吉川屋公式HPはコチラ(PC)  (モバイル)



●二度寝、三度寝、何度でも・・・!!旅館の常識をくつがえす
 朝寝坊できるぐうたらプランとは??
  


Posted by まちゃき七代目 at 20:28Comments(2)七代目おすすめ!

2009年03月04日

直江兼継ゆかりの地で天地人博!

なさん、NHK大河ドラマ「天地人」は楽しんでおられますか?







いやぁ、面白いですよね~(^o^)
信長や豊臣、家康などの有名武将が出てくるたびに
「おおぉ」と身震いする七代目ですが、やっぱり人間味あふれる
主人公直江兼継の行動・考え方に共感したり、あらためて
「人間として生きる」ってどうゆうことなのか、考えさせられますね~
ふむふむ。






NHK大河ドラマ「篤姫」も大ヒットのうちに放送を終えましたが、
いまだに篤姫ゆかりの地、鹿児島への観光客が盛況らしいのですよ。





有名な史跡を見に行く、とかより篤姫の生き方に共感し、ゆかりの地、
篤姫が生きたその土地を見に行きたい、というのが昨今のツアーの
楽しみかたらしいです!







吉川屋から車でわずか40分、直江兼継が人生の晩期を送った地
米沢では、上杉景勝と直江兼継が、戦国の世のあとに「まちづくり」
にどれだけの心血を注いだか、その軌跡をたどることができます。






上杉神社からすぐ近くの「伝国の杜 上杉博物館」では、藩主上杉家
伝来の貴重な資料のほか、ドラマの撮影で使った小道具などが展示
されている「天地人博2009」が開催中です!!






ドラマと史実という二つの世界を体感するパラレルワールドがコンセプトで
歴史資料コーナーはほぼ四週間ごとにテーマ別に展示物が入れ替わります。






国宝「上杉本洛中洛外図屏風」の原本も春秋の行楽シーズンに合わせて
特別公開しちゃいます!!





ドラマ関連では上杉景勝役の北村一輝さんが身につけた甲冑や初音役の
長澤まさみさんが着た着物、写真パネル、ジオラマなどを展示。オリジナル
映像作品「北の武者たち」の上映や洛中洛外図屏風の世界を疑似体験できる
「バーチャルウォーク」なんてのもあります!!






・・・なんだか楽しそうでしょ♪






入場料は大人700円、学生は500円、小中学生300円です~






話題の天地人に詳しくなって、もっと濃密に大河ドラマを楽しんでみませんか?(^_^)






●あの天地人ゆかりの米沢まで車で40分の穴原温泉なら、
 アクセス良好で予定もたてやすい!昼は米沢ラーメン?米沢牛?
 ・・・吉川屋公式HPはコチラ(PC)  (モバイル)  


Posted by まちゃき七代目 at 20:16Comments(0)吉川屋の外観・周辺

2009年03月03日

アヒルちゃんを探せ!~ひな祭り編~

んばんは!七代目です。





今日はひな祭りface02ですねぇ~





みなさん、ひなあられを食べたり、甘酒を飲んだり、
ひな祭りを満喫しておられますでしょうか??






七代目は男の子ですので、とくに何をするというわけでも
ないのですが、今日は朝からアヒルちゃんがウキウキして
いて見つからないんですよね・・・





お~い、どこ行ったの~ アヒルちゃ~ん


















・・・ん?何か気配を感じるでやんす。





きっとこのへんにいるに違いない!






みなさん、アヒルちゃんを探すのを協力してくださいね!!!










---------------------------------
【アヒルちゃんを探せ! レベル1】








---------------------------------







もしかして、これって一時期流行った「ウォーリーをさがせ」とか「ナンチャンを
さがせ」
みたいなやつじゃね?





と思ったあなた、大正解です。





アラサー世代直撃です。ビバ!アラサー!!









---------------------------------
【アヒルちゃんを探せ! レベル5】









---------------------------------







なになに?簡単すぎるって?





それはそうですヨ、アヒルちゃんの本気はこれからなのですから・・・










---------------------------------
【アヒルちゃんを探せ! レベル15】









---------------------------------







ちょっと小細工を駆使するようになってきたアヒルちゃん。






いよいよ次が最後です、正解した方にはなんと・・・!











・・・何もありませんが(^_^;)





最後までお楽しみくださいませ~♪









---------------------------------
【アヒルちゃんを探せ! レベル20】









---------------------------------








みなさん全問正解できましたか?(^o^)






「簡単すぎてあくびが出たわい」という方、このクイズは
レベル2000までありますので、どうぞご期待くださいっ☆





ウキウキソワソワするアヒルちゃんをつかまえて、のんびりと
ひな祭りを過ごす七代目でした・・・♪






※撮影については、現場の責任者の許可を得ております。
人形は大事なものですので、お近くにいらしたら触ったりせず、
楽しく笑顔で写真に撮るお手伝いをさせていただきますので
どうぞ気軽にスタッフにお越しくださいませ♪






●楽しく、ワクワクソワソワする。そんなわたしをつかまえて
   ・・・吉川屋公式HPはコチラ(PC)  (モバイル)

 

●春が待てない!そんなあなたにおしゃべりプランが登場!!  


Posted by まちゃき七代目 at 19:47Comments(2)アヒルちゃんと癒しの風景

2009年03月02日

花粉キターー(゜∀゜)ーー!!

んばんは、七代目です~






今朝、TVでニュースを見ていたら、今年は暖冬で
首都圏のほうでも【花粉】が元気に飛び回っているようで
あぁ~、あっちのほうに営業に行く時にはマスクが欠かせない
なぁ~なんて思っていたところ・・・






ん・・・??






なんか今日はいつもより目がシバシバするような・・・






なんとなく鼻のあたりがムズムズするような・・・・







もしかして・・・






もしかして・・・












もしかしてですか???








どなたか、花粉症と上手に付き合う良い方法がありましたら
教えてくださいませ、先輩方~!!/(T△T)\(心の叫び)  


Posted by まちゃき七代目 at 18:45Comments(0)つれづれ

2009年03月01日

まさか、花見山を知らないなんてことは・・・





こんばんは、七代目なんです。おばんですぅー






春休みで家族との団らんを楽しんだら、「花も実もあるふくしま」
でお友達とお花見を楽しんでみてはいかがでしょう?






なんといっても、福島市はあの有名な「三春の滝桜」
人気を追い越さんほどの観光客を呼び込んでいる
「花見山」という超ステキなお花見スポットがあるんですから!






もういろんな雑誌でお花見特集もはじまってますから、どのへん
に行こうかなぁ~なんて眺めてる人も多いのでは?






たしかに、お花見は日帰りでも十分です。





地元で会社やグループで桜の下でシートを広げて、ちょっとほろ酔い
気分になりながら春の訪れを謳歌するのも、悪くはありません。






でも、考えてもみてください。






お花見を1人ですることなんてないですよね?






家族で、カップルで、お友達と、みんなで楽しくワイワイ桜を見に
行くのが楽しいのです。






久しぶりに遠方から集まる友達と、桜の名所に近い温泉に宿泊、
明日のお花見のことなんてすっかり忘れて、お酒をつぎながら
積もる話に花を咲かせることでしょう。
カラオケルームを貸しきって、学生時代の懐かしのあの歌を
みんなで熱唱したりなんかしたら、時間がいくらあっても足りないかも・・・
そして、翌朝出発する時にこんなことを言われたりして。






「こんな良い温泉、よく知ってたね(^_^)」





なんて言われたら、幹事としても鼻が高いってもんです!






そうです、お花見は「人と人をつなげる時間」なんですヨ
旅も、旅館も同じです。





福島という気候が生み出すピンク・白・紅・黄色などの美しい
花や自然を楽しみに行く、そのワクワクを倍増させるのが、
旅館でふるまわれる旬の野菜をふんだんに使ったお食事
だったり、渓流を見下ろす開放感たっぷりの露天風呂だったり
するわけです。






せちがらい世の中で生きるわたしたちに、美しい幻想的な花たちは
ほっとする癒しと、明日への活力をくれます。春のさわやかな
頬をそっとなでるような風とともに。






温泉とお花見。元気をくれる体験はきっとここにあります。






●花見山にかんする観光情報はコチラから




●桃源郷がふくしまにおりてきた。あの『花見山』まで車で30分
の吉川屋なら、時間の調整もできて渋滞に頭を悩ますこともないですよ♪
  ・・・吉川屋公式HPはコチラ(PC)  (モバイル)



●え?お花見弁当付きのプランなんて聞いたことない!?
 花見山や福島の桜を満喫するプランって
 ・・・昨年も人気だったあのプランを見てみる
  


Posted by まちゃき七代目 at 20:47Comments(0)吉川屋の外観・周辺