2009年12月11日

愛されてるカモ・・・!?

こんばんは!七代目ですッ





七代目、最近愛されてるかも・・・しれません










何にって・・・日本酒にicon06










なぜか最近日本酒を人からもらうことが多いんです!





お歳暮の時期っちゃあ時期なんですが、
入手ルートもいろいろ・・・





東京の知人にもらったり、旅館の友人にもらったり、
青年部の飲み会で飲みきれなかったやつとか、
エトセトラ、エトセトラ・・・





しばらくお酒買わなくても良さそうです♪





フィーバー!フィーバーだよ兄さん!
(注:3人姉弟で兄はいません)





これってやっぱりお酒好きだから集まってくるのかな??





鍋の美味しい季節、飲み過ぎに注意です☆


  
タグ :日本酒


Posted by まちゃき七代目 at 20:08Comments(0)つれづれ

2009年12月10日

幻想的なイルミ、今年も♪

こんばんは、七代目ですっ!





もうすぐクリスマスですね〜(*^_^*)





クリスマスといえば・・・ケーキ!!





と、少し前のブログにも書きましたが・・・





街を彩るイルミネーションも、この時期
ならではの風物詩ですよねっ♪





昨年の同じ時期のブログでも掲載しましたが、
吉川屋でもテラスを使ったイルミネーションが
なんだかとっても良い感じなんですっ☆








スタッフブログでも書いていただいている
安藤部長が気合い入れて設置してくれましたぁ!








綺麗でこだわったイルミは町中に数あれど、
幻想的にライトアップされた岩肌をバックにした
贅沢なイルミは吉川屋だけッ♪





雪が降れば、渓谷の雪化粧も映えて、ますます
ムーディに!





来年の2月くらいまで設置してますので
(クリスマスバージョンからは少し変わります)
ぜひ見に来てくださいね〜♪





●冬を彩る、温かな人の心の灯り



・・・吉川屋公式HPはこちらから

  


Posted by まちゃき七代目 at 19:27Comments(2)吉川屋館内案内

2009年12月08日

吉川屋のキャラクター!

こんばんちは、七代目どすぇ





昨日のブログにも書きましたが、来年170周年事業に向けて
「キックオフミーティング」がありました!!





かねてより伏線のあった「吉川屋オリジナルキャラクター」
についても、ももこの「170周年記念ブログ」でも紹介が
ありましたが、「携帯で七代目ブログしか見れません!」という
人もおりますので、七代目ブログでも吉川屋のキャラクターを
ご紹介しますッ








まず!これが!
来年の170周年事業のロゴですねー





吉川屋の古い伝説に、「かむろみ伝説」があります。





この地を訪れた俵藤太という若者が、川の女神
弁財天に導かれて大百足を退治するという壮大な
お話なのですが、吉川屋には「かむろみ=川の女神」
という根底に流れるテーマがあります。





ロゴの「170年」の下のラインは「川の流れ」「時の流れ」
を表し、翼はこの170周年事業で「飛躍する」ことを
イメージしております。全体的なフォルムやカラーは
「女性らしさ」を大事にしております。





そして、吉川屋のキャラクターは・・・





穴原温泉に舞い降りた3人の女神ですッ!!!





<デザインコンセプト>
弁財天の別名を「美音天」といいます。
美しい音楽の女神、とでもいいましょうか。





その「美」「音」「天」の一文字ずつを冠して
キャラクターメイキングしてみました。





かむろみ3姉妹 長女【美湯(みゆ)】









水・音楽・芸術の神でもある弁財天の由来は
ヒンドゥーの神である「サラスヴァティー」に
辿り着きます。この女神様は、女性の「美」や
日本の「美」を全面に出したキャラクターです!
キーアイテムとしてはサラスヴァティーの象徴で
もある「孔雀の羽」や「蓮の花」がポイントです





きっとお姉さんキャラに違いありませんっ





かむろみ3姉妹 次女【音羽(おとは)】








穴原温泉発祥の伝説にまつわる「俵藤太伝説」
の中に出てくる「弁財天」のイメージです。
川と音楽と芸術の神様であることから、楽器の琵琶
をもっています。きっと演奏は得意なことでしょう
伝説のとおり、白い大蛇に変化することもできます





素直でありながら、一本芯のとおった性格です!





かむろみ3姉妹 三女【天天(てんてん)】








見ての通り天真爛漫なキャラクター
画面をところせましと飛び回って活躍して
くれそうです!うちの女性陣には「触り心地良さそう」
と評判の天天ちゃんです





こう見えて、意外な特技があるとか、ないとか!?






デザインのポイントとして、吉川屋のロゴマークカラーである
「赤=果物の実りや心の温かさ」
「青=空の青さ、川の流れ」
「緑=豊かな自然の恵み」
をすべてのキャラに配色し、そのイメージカラーのメインを
キャラクターごとに割り当ててみました。





このキャラクターたちは、たったいま生まれたばかり!!





穴原温泉の魅力を発信するのに、大いに大暴れしてくれる
ことでしょう!





そして、みなさんに愛情を注いでもらい育てていきたい、と
考えております(^_^)





吉川屋のかむろみ三姉妹、どうぞよろしくお願いしますッ☆





produced by 七代目

  


Posted by まちゃき七代目 at 20:23Comments(4)七代目まんが劇場

2009年12月07日

吉川屋の決起大会!!

こんばんは!七代目ですっ





今日は吉川屋の記念すべき日です!(^^)






来年度の170周年記念事業に向けて、社内向けに
「決起大会=キックオフミーティング」が開かれたんです!






来年の170周年事業は、吉川屋がさらに
大きく飛躍するイベントになることでしょう♪






キックオフミーティングでは、170周年事業のキャッチ
やロゴ、そしてなな、なんと!






「吉川屋オリジナルキャラクター」が発表されました!!







しかもしかも・・・!!!






あーこれから出かけなくてはいけないのでこれ以上
書けませんが、詳しくは






吉川屋170周年記念ブログ






を見てね!!






そいじゃー出かけてきまーす(^o^)/  

Posted by まちゃき七代目 at 17:45Comments(2)七代目おすすめ!

2009年12月06日

七代目がお酒を飲むと・・・?

こんばんにゃー!七代目ですっ





忘年会シーズンですにゃー!





12月は、当館も忘年会のお客様も多いですにゃ。
みんな仲間どうしで宴会を楽しみ、今年一年の労を
ねぎらう姿を見て、みなさんお疲れさまにゃ!と
温かい目で見守りたくなりますにゃ。





ところで、七代目がお酒を飲むと、どうなるか・・・?





あまり顔色が赤くなったりしないようで(目は充血しますが)
一緒に飲む人たちには





「七代目!全然飲んでないねー!」





なんてよく言われますが





「飲んでるっつーの!!!」





と、心の中で突っ込みます。





酔っていても、外見では分かりにくいようです。
態度もベロベロになったり、泣き上戸になったり、
ネクタイを頭にまいたり、脱いで踊りだしたりも
しないですしね。





そして、変わらない見た目に反して、そんなに
強い訳でもありません。





日本酒を好んで飲むので、強そうに思われがちですが・・・





で、酔っぱらうとどうなるタイプかと言いますと・・・





「眠くなるにゃ!!」






眠気に勝てなくなります。





とにもかくにも、温かい布団にもぐりこんで
気持ちよく寝る事しか考えられなくなります。





旅館業は朝も早いしね・・・
(※朝3時くらいまで飲んでも、朝6時くらいからバリバリ
働く人もざらにいる業界ですが)





そんなわけで、七代目を二次会以降引っ張り回そうと
するのは至難のワザでしょう。
夜遅くまで七代目を引っぱりまわそうとすると、
知らぬうちにいつもより多めの日本酒や焼酎のロックを注がれ、
千鳥足ならまだ可愛いもので、危うくは洗面所とお友達に
なるので気をつけましょう。





PSPとかあると、案外簡単に釣られるかもしれませんよ!
(安!)





さてさて!そんな忘年会シーズン!












吉川屋では、ほっぺた落ちるくらい美味しい冬の味覚と、
喉の乾きを潤すたくさんの美味しい美酒を用意して
お待ちしているにゃ☆






ん?なんで今日は猫言葉なんだって・・・?











・・・・・・・・・・・・










それは秘密だにゃ・・・











●吉川屋の公式HPで、その秘密が分かったり・・・しないにゃ!



・・・吉川屋公式HPはこちらから

  
タグ :忘年会


Posted by まちゃき七代目 at 20:13Comments(2)お得なプランのご案内

2009年12月05日

若旦那と対談♪

こんばんは!七代目ですっ(^o^)/





ずいぶんと冬らしい気候になってきましたね〜





こたつやストーブでついつい、ぬくぬくする
時間も増えてしまう今日このごろですっ





そうそう!





先日、岩手の旅館の若旦那さんと対談しました!!









岩手県、新鉛温泉の愛隣館の旅館の息子さん!!





以前七代目ブログでも紹介しましたが、愛隣館の旅館の
息子さんとは親友なんですよ〜(^_^)v





昨年、これから入社する新卒を引き連れて、研修で当館に
訪れていただきました。
今年も、来年の4月に入社する、希望に胸ふくらませる
新卒たちを引き連れて、吉川屋に来てくれたんですねっ♪





自分の旅館に入社する前に、他の旅館を勉強させるなんて、
なかなかできることじゃあありませんッ!!





「人は宝である」





という信念のもと、自館で働いてもらう前に見聞を広めて
ほしい、という思いでやっているそうです。





吉川屋について、館内見学をした後は、勉強会を開き
実際に販売した宿泊プランの検討などをしてたそう。
その中で、「旅館の息子どうしのプチ座談会」という名で
講師としてわたくし七代目がご指名いただきましたっ





なかなかないかも、旅館の息子どうしの対談を見れるのは(笑)





お互い、旅館業に対する熱い思いをぶつけ合いました。





旅館は、この世の中でますます重要度を増していくと思います。





なぜなら、みんな慌ただしい毎日に疲れ、癒しを求め、人生の
新しい発見を求めているからです。





温泉という自然の恵みをもつ旅館こそ、現代人のリフレッシュの場に
ふさわしいとわたしは思っています。旅館で美味しい料理で活力を得て
温泉で生まれ変わり、英気を養ってまた日常に戻るのです。





そんな旅館をこれから担う若者たちだからこそ、頑張って欲しいと
思います。





とにかく、「楽しく、やりがいを持って生き生きと働こう!!」





旅館はほんっと奥が深いのです。
大変な時もあるかもしれないけど、同期の仲間と支え合って
頑張ってほしいなと思う七代目でした(^_^)





●岩手県 新鉛温泉 結びの宿 愛隣館の公式HPはこちらから





●福島県 奥飯坂穴原温泉 匠のこころ 吉川屋の公式HPはこちらから   
タグ :愛隣館


Posted by まちゃき七代目 at 20:48Comments(2)七代目おすすめ!

2009年12月03日

お宝げっとー!!

こんばんは、七代目です〜





先日、知り合いの方から七代目垂涎ものの
「お宝」ゲットしたので、自慢しちゃいます♪








これ、なんだか分かります?





「酒粕」ですッ!!






しかも、七代目が自慢するくらいだから、普通の酒粕じゃあ
ありませんッ





「日本一の酒粕」です☆☆






2009年11月24日に、日本酒文化の発展と消費拡大を狙って
利き酒師や酒匠の認定ををしていりう日本酒サービス研究会が主催した
「アナタが選ぶ地酒大SHOW 2009冬」で、二本松市の大七酒造
さんが5部門中3部門で、大賞に当たるプラチナ賞で3冠を達成したんです!





これは凄い事ですよ!実質「日本一の地酒」といっても過言ではないでしょう





七代目も大好きなお酒です☆





知り合いの方からもらったのは、この大七さんの酒粕!
「生もと純米大吟醸酒粕」です!!!





うふ、うふふ♪





見ているだけでヨダレが出てきますね〜<おい!





粕汁にするなんて、もったいない!





知り合いの方のおすすめで、カマボコにつけて食べるのが
いいらしいので、早速やってみよう〜っと♪





この時期、アツアツ鍋との相性も抜群ですね☆





あ〜!美味いものづくしの冬って最高!!!






●大七さんの受賞ニュースはコチラからどうぞ  


Posted by まちゃき七代目 at 20:16Comments(0)七代目おすすめ!

2009年12月01日

師走きたーーーーー!

こんばんは、七代目ですっ





今日から12月ですね!
世間で言う師走ってヤツですねっ





師走ってところでどういう意味?





・・・ググれば簡単なことですが、
ここはひとつ、自分の頭で考えてみましょう。





えーと、要するに「あ!もう今年一ヶ月しかないやん!
うわー、まじでーアレもコレもやってないやんかー
とりあえずなんかやっとこ!あ、まずは年賀状買いに
行かな!」
・・・という感じでしょうか?





カチャカチャ・・・(googleで調べてみる)










<師走>
日本では、旧暦12月を師走(しわす)または極月(ごくげつ、ごくづき)と
呼び、現在では師走は、新暦12月の別名としても用いれ、その由来は坊主
(師・師には、僧侶の意味もある)が走り回るほど忙しくなるからと、言われ
ているが、本来は伊勢神宮や各地崇敬社の御師(神宮大麻・神札を配る祈祷師)
達が各家庭を巡る事からである。





(wikipediaより抜粋)









な、なるほろーーー!!!





勉強になりますねぇ!o(^_^)o





一般的には、お師匠さんが走り回るくらい忙しい、と
思われていますが、伊勢神宮の祈祷師さんが各家庭をまわる
から「師走」って呼ばれていたんですね。





普段何気なく使っている言葉にも、日本の伝統を
感じることができます。
生活の中で忘れていても、脈々と受け継がれて
いくんですね。





そんな師走ですが、風邪などひかぬよう、ラストスパートを
元気にお過ごしくださいねッ☆(^▽^)v





●今年最後を、楽しい宴で締めくくりたい方に



・・・吉川屋公式HPはこちらから
  


Posted by まちゃき七代目 at 20:13Comments(0)つれづれ