2010年03月25日

日本酒とフランス料理の響宴を堪能ですのよ【1】

ボンソワール、ムッシュ〜。七代目です。





今日は久しぶりに「ほろよい」な感じのブログに
なりますので、お楽しみくださいっ





先日、市内にて開催された「世界一ソムリエ田崎真也氏
がコーディネイトする大七とフランス料理の晩餐」

いうイベントに行ってきました〜(^_^)v





このブログでも何度か紹介していますが、ここでもう一度
「大七酒造」さんについて説明しますね。





福島県二本松市にある「大七酒造」さんは創業250年の
歴史と伝統のある、福島を代表する酒造さんです。
その特徴は、自然界の微生物の大いなる采配で生まれる
コクと深みのある酒を醸し出す「生もと造り」
その徹底したこだわりには世界でも隣に並ぶものは
ないかもしれません。
また、伝統を重んじながらも、業界でも革新的に新しい
ことにチャレンジし続け、酒米の潜在能力を最大限に
引き出す「超扁平精米」や長期的な品質の安定性を保つ
「無酸素充填ライン」などの業界に多大な影響を与える
技術を生み出したり、その料理との相性の良さから
フランスの三ツ星レストランで好評価を得たりなど、
海外での日本酒のブランド向上にも貢献しています。





今回のイベントは、「地酒大show2009」にてエントリー
した三部門すべてにおいて第一位(プラチナ賞)を受賞
するという史上初の快挙を祝い、世界一ソムリエの田崎真也
さんプロデュースによる晩餐の開催となりました。





ちなみに・・・
★おせち料理と合う日本酒大SHOW:
「純米生もと」プラチナ賞
★カニと合う日本酒大SHOW:
「箕輪門(みのわもん)」プラチナ賞
★通にこそ勧めたい本格派リキュール大SHOW:
「生もと梅酒」プラチナ賞





どれもわいの好きなお酒や〜\(´∀`*)/





さて・・・前置きが長過ぎましたね、
さっそくイベントの内容へと入っていきませう。










みなさんご存知、田崎真也さん。
とっても気さくで、話がうまい!!!





田崎さんというとワインのイメージが強いと思います
が、日本酒についての造詣もとっても深いのです。
田崎さんの話を聞きながら大七のお酒を楽しめるなんて、
こんな幸せなことが他にあるでしょうか・・・








乾杯酒の「雪しぼり・本醸造にごり酒 2009年醸造年度」を・・・







前菜の「ハマグリの冷製スープ カリフラワーのクリーム」
合わせて。





すみません、最初に断っておきますが、わたくし
ボキャブラリーが貧困なので
『うめえ、うめえ!!』
みたいなことしか今後も言わないと思うので
あまりレビューを期待しないでくださいましm(__)m





雪しぼりのフレッシュさと、クリーミーさが口の中で
マッチします。また、少し前菜を食べた後に、お酒を
注いで食べるとシュワシュワ感で2度楽しめました♪









一品一品のお料理にあわせてそれに合ったお酒が
運ばれ、その度に田崎さんと大七の社長さんが
ひと言そえてくれます。
豪華なコラボですね〜





プロの説得力があると、料理とお酒の付加価値が
何倍にも膨れ上がるということを勉強させて頂き
ました。








ここでいきなり主役級の
「生もと純米大吟醸 箕輪門 2008年醸造年度」
が登場!!!








「鯛の塩生地包み焼き 桜風味」と合わせます。





パイ生地をあけると、ふわぁっと桜の香りが漂い、
会場がひと足早い春の空気に包まれました。
香り高い箕輪門と、桜香る鯛の、あっさりとした
食感と風味が口の中でハーモニーを奏でます。





はっ・・・





俺は「美味し○ぼ」の人か〜!!Σ(°△°)



(もしくはミ○ター味っ子)





料理とお酒の美味しさにすでに酔いしれる人が
多い中、ついに大七の幻のお酒、
「妙花闌曲(みょうからんぎょく)」
登場します・・・!!!





(つづく)




  


Posted by まちゃき七代目 at 19:21Comments(4)七代目おすすめ!