2010年05月03日

【潜入!!】飯坂の「旧堀切邸」に行ってみた(2)

こんにちは!七代目です〜(^o^)/





いよいよGWも佳境!みなさんいかがお過ごし?
七代目もたくさんのお客様の笑顔が見れて嬉しいです!
とくに小さなお子様やおじいちゃん、おばあちゃんと
ご一緒のご家族連れが多いですね〜





新しくオープンした貸切風呂や露天風呂付き客室で、
家族の憩いのお手伝いができたら幸いです☆





さて!!





昨日に引き続き、「旧堀切邸」潜入レポートを
たくさんの写真と一緒にお届けします!








☆☆「旧堀切邸」の「堀切」って何やのん?☆☆





飯坂の発展、さらには日本の近代史の歴史に残る
偉人「堀切氏」の屋敷を、飯坂温泉にいらっしゃる
お客様の憩いの場として復活させました。





堀切家は江戸時代、大庄屋として財力を蓄え、飢饉時の
農民救済など地域の経済に大きく貢献しました。
また近代で「堀切三兄弟」と呼ばれた堀切善兵衛は
衆議院議長、駐イタリア大使を、次男堀切善次郎は
東京市長、内務大臣として関東大震災後の東京復興に
尽力し、末弟の堀切久五郎は衆議院議員として福島経済界
に大きな役割を果たしました。





堀切邸内では文化伝承の場として整備され、展示スペースや
演奏などができる舞台などがあります。車いすの方でも
利用できる手湯・足湯があり、飯坂の源泉掛け流しの温泉
でリラックスしながら美しい庭園を眺め、気軽にお湯を
楽しむ事ができる憩いの場所です。








難しい説明はこのへんにして、中を見てきましょー!





表門を入ってすぐの「離れ」では堀切家の歴史を映像で見る
ことができ、GW中はオープン記念として飯坂婦人会さんの
お呈茶をやっています








庭園では、タイムスリップしたかのようなゆったりとした
時間が流れていました








主屋です。行ったこの日(5/2)は中でふくしまの民話
を開催していました。普段は研修室として利用できるようです








中から見る大ケヤキ。子供の頃から外からしか見た事
なかったので、なんか感慨深いものがあります








観光客の方にとっても楽しみな「手湯」








そして「足湯」車いすの方でも利用できるそうです。
飯坂の源泉がすぐ近くにあるので、アツ〜い温泉を
堪能できます☆








園内は、トイレも完備しており、安心です♪
もちろんバリアフリーなので車イスの方も
安心してご利用ください!









主屋では、「ふくしまの民話」やっていました。
福島弁で聞く民話はまたひと味違いました♪
(5/2限定だったみたいです)








赤いシャクナゲが綺麗に咲いていました。








主屋には「新蔵」「中の蔵」「道具蔵」の
三つと続いており、それぞれの中で堀切家の歴史
の展示案内がありました。
飯坂はこんなすごい人を輩出していたなんて!
七代目もすごく勉強になりましたぁ!









屋敷内にある「十間蔵」は県内で最古(1775年築)
と言われ、当時の生活を伝える貴重な建物です









「下蔵」には舞台があり、楽器の演奏の催しが
予定されています。
5月の土日は、津軽三味線や歌謡祭、よさこい
などのイベントが予定されていますので、週末
お越しの際にはぜひ行ってみてくださいね〜









鯖湖湯に近いほうが「裏門」です。
ここから眺める「鯖湖湯」は風情ありますね〜
はじめての方にはちょっと熱いと思いますが・・・
せっかくだから、熱い飯坂のお湯、体験してみる?








5月中はオープン記念として、様々なイベントが開催
予定です!
5/9(日)、16(日)、30(日)には
餃子の無料配布(先着100名様)もありますよ〜





ぜひぜひ、オープンしたてのこの活気と温泉情緒を
味わいに、飯坂温泉「旧堀切邸」来てみらんしょない!o(^_^)o
  


Posted by まちゃき七代目 at 11:41Comments(2)七代目おすすめ!