2010年07月06日

自然のいきもの〜カジカカエル〜

こんばんは、七代目っす〜(^o^)/






毎年、季節がめぐってくるからこそ、だんだん
自然の奥深さを感じることがあります。







わたしが仕事している旅館の事務所のすぐ脇に、
滝の流れる池があるのですが、春くらいから色んな
生き物たちが顔をだしてくれます。







セキレイ、水芭蕉、アヤメ、アメンボ、そして
カジカカエル・・・







最近気が付いたのは、彼らはず〜っと、いるわけでは
ないんです。







長くても2週間くらい・・・







いつも当たり前にあるような感じなのだけれど、
生命を謳歌する時間ってけっこう短いのですね
(セキレイはほぼ一年いますが)






そう考えると、彼らとの出会いも、なにか
もう少しふか〜く考えられそうです










カジカカエルの「コロロロ♪コロロロ♪」という
鳴き声を、毎年聞いてるので特別なんとも思わな
かったのですが、水のきれいなところにしか
いないようですね










※↑カエルの苦手な人のために、サムネイルに
してあります







いま、日本ではどんどんカエルが少なくなっている
そうです







子供ころ、教科書や、生物図鑑や、田んぼにいけば
当たり前に見つけることができた「カエル」







わたしたちの子供、孫、ひ孫の代に彼らが絶滅せずに
生き残っているか・・・?






生態系のパロメーターである彼らの減少は、人間への
警告なのかもしれません・・・







なんてことを考えたり、考えなかったりする七代目でした♪




  


Posted by まちゃき七代目 at 20:08Comments(0)吉川屋の外観・周辺