2011年05月20日

【かむろみ!第一話】あらためて自己紹介ッ!?






(音羽)「みなさんこんにちはー!かむろみ三姉妹の次女、音羽(オトハ)です!」


(美湯)「長女の美湯(ミユ)です」



(天天)「三女の天天(テンテン)なのじゃ」








(音羽)「これから私たち、温泉の女神が旅館の魅力を発信…ってアレ、『とつぜん出て来て何この人たち?』って空気がしますよ!?」


(天天)「まぁ、1年以上も放置されていたら当然じゃの」



(美湯)「みなさんには、少々振り返るお時間が必要だと思いますわ。わたくしたちのことを思い出して頂くためにも」













☆「誕生!吉川屋のキャラクター」の回のブログを振り返ってみる☆










☆「かむろみ」とは?穴原温泉の由来伝説はこちらから☆










(音羽)「うわーなんか遠い昔の話みたいだね!」



(天天)「わしらの生みの親である七代目も、昨年は170周年で忙しかったみたいだからの。ま、単純に忘れていただけだと思うが…」



(美湯)「三歩歩けば忘れてしまうなんて、まるでニワトリさんのようですわ」










(音羽)「それでそれで、私たちはこのブログで何をすればいいのかなッ!?」




(天天)「じつはわしらには重大な“みっしょん”が課せられているがそれはおいおい話すとして…まずは、この穴原温泉や吉川屋についてみんなに知ってもらう必要があるのう?」




(美湯)「あら、温泉の女神らしいお仕事ですわね、これからみなさんよろしくお願いしますね」




(音羽)「よろしくゥ!!」




(天天)「温泉の女神がこんなのと知って、ガッカリしたかのう?少々クセがあるが、みないいコたちばかりじゃ、よろしくな」




(音羽)「またぁー、天天ったら末っ子なのに私たちの教育係みたい!」



(美湯)「頼りになる天天、さてそろそろ温泉の時間ですわ。みなさんごきげんよう」





〜かむろみ三姉妹がいよいよ本格的に穴原温泉と吉川屋を
紹介してくれる気になってきました・・・!?〜





これからの展開にも、ご期待ください!





〜七代目よりコメント〜

「もともと、吉川屋のオリジナルキャラクターを作りたいと
いう思いが数年前からあり、170周年を機に実現しました。
コンテンツ化するのに1年かかりましたが、女神たちの
ドタバタ温泉活劇、どうぞお楽しみください!」


◎170年の悠久の歴史を伝える宿、穴原温泉 吉川屋◎




◎かむろみ三姉妹の復興ケータイ壁紙、無料でプレゼントなう☆◎


  


Posted by まちゃき七代目 at 19:36Comments(4)まんが情報発信【かむろみ!】