2012年03月24日

3月もあっという間(^^)





お久しぶりの更新です、七代目です!!





ネタはいっぱいあるのに、なかなか更新できなくて(^^;)





少し自分なりに3月を振り返ってみようと思います!!
箇条書きの日記みたいになっちゃいますけど、スミマセン(>人<)





-2012.3.11-



館内の全体朝礼が終わった後、飯坂電車に乗り福島駅に
向かいました。







七代目は、福島をひまわりいっぱいにして元気にする
「福島ひまわり里親プロジェクト」に参加しているのですが
長野県の里親さま、園芸高校の学生さんたちが種を届けに
きてくださって、「ひまわり復興列車」として全国から
のメッセージを乗せて走っている飯坂線の中で、福島の
震災の時の状況や復興に向けてのお話をしました。



飯坂駅に到着、みんなで黙祷を捧げました。



その日の夜は、福島の未来をつくる若き経営者たちと
熱く語り合いました。





-2012.3.13-



吉川屋の若いリーダーたちの会議「吉川屋アイプロジェクト」
の第三回目の会議!!



それぞれの現場から上がってくるからこそ問題点や課題
をしっかり見据え、そして実現性の高い課題提案書が
上がってきました。チームで協力するからこそ難題を
越えていけそうな、とてもワクワクする会議になりました。





-2012.3.14-



NHKの福島局長さんへ、来年の大河ドラマ「八重の桜」放映
にあたって、福島県の旅館青年部員の観光復興への熱い思い
を書き留めた色紙と、集合写真をお渡ししてきました。





-2012.3.16-



土湯温泉の山水荘さんで、JTB東京法人さんと福島の旅館、
観光関係の方が膝をつめて「福島価値創造プロジェクト」と
題し、福島の復興に向けて何ができるかを語りあいました。
旅行業のエリート中のエリートである彼らとこうやって
長時間かけてディスカッションをするのは、とても貴重な
体験でもあり、福島の現状を強く認識することができました。





-2012.3.18-



この日から4日間、今年4月入社の新人研修が始まりました!
女将や幹部、先輩社員たちが社会人としての心構えや挨拶の
練習、お茶入れの訓練や館内研修をしました!







これから一緒にお客様に感動のサービスを提供する
仲間として、頑張っていきます!!





飯坂温泉の「パルセいいざか」で、昨年は震災のため中止
になった「飯坂太鼓まつり復興祭」が開催され、七代目も
少しだけ見ることができました。







太鼓の律動というのは、人間の深いところを揺さぶる何か
がありますね!とても感動しました。
パルセいいざかも、人が溢れんばかりの大盛況でした。









この日の夕方、震災復興ツアーにいらっしゃった
お客様に向けて女将から「震災その時」のお話が
ありました。
さすが色んなところで講演している女将、ぐいぐい
と引き込む力があります。
わたしも震災の話をする時は当時のことが鮮明に
思い出されるのが辛いですが、ぜひこれからも
福島の現状を伝え続けたいと思います!






-2012.3.19-



吉川屋の内部改革のための本格的なプロジェクトが
スタートいたしました。まずは膨大な資料が必要なのです
が七代目は窓口担当なので、資料収集の手配をまずやって
おります。当分主業務のウエイトはこちらに置くように
なってしまいますが、この福島の状況の中で、明るい
展望をつくっていくためのどうしても乗り越えなくては
いけない試練ですね。がんばります。





-2012.3.20-



来年(2013年)入社の学生さんに向けての会社説明会
第一回目を実施しました。
七代目にとっても初めての体験だったのですが、お仕事
の説明や館内案内、先輩社員のディスカッションなどで
スタッフたちが協力してくれたので、学生さんたちにも
熱意を伝えることができたかと思います。
会社説明会は3月、4月、5月と続くので吉川屋の
明るい未来を一緒に作っていける仲間とめぐりあえる
よう、七代目も頑張りたいと思います





また、この夜いらっしゃった復興応援ツアーのお客様に
女将が出張で不在だったため私がご宴会のご挨拶を
させていただきました。
「福島ひまわり里親プロジェクト」のお話をさせて頂いたら
多くの方が共感して頂き、「私も福島のためにひまわりを
植えます!」と言って頂けました。



福島が本当に復興を遂げるまで、こうやってひとつひとつ
絆をつくり続けていくことが大事なんだなぁと改めて
思いました。






-2012.3.21-



仙台で「人材教育セミナー」があり、ラボ・ジャパンの
藤田和久さんから人材教育について熱いご指導を頂き
ました。
最近の七代目のテーマ、というか勉強していかなくては
いけないことは「教育」ではないかなと感じているので
右も左も分からない状況の中で、羅針盤を頂いた気持ち
です。また懇親会で出会った方たちも志が高い方が多く
今後も色々ご指導いただきたいなぁと思いました。





-2012.3.22-







福島ひまわり里親プロジェクトのイメージキャラクター
「ひまぽぽ」(七代目デザイン)の現物が完成しました!
福島を元気にしていくキャラクターとして、一緒に
盛り上げていきたいと思います!!
素敵なキャラクターを一緒に作り上げてくださった
「ジェルブとエスプリ」さんに感謝!!(^人^)





-2012.3.23-







今年の夏、福島県でたくさんのひまわりが咲くように
福島県の各温泉地の若旦那たちと「観光政策委員会」の
会議の中で、「福島ひまわり里親プロジェクト」さんと
連携して旅館青年部の今後のスケジュールやいま目の前の
やることについて共有しました。
福島県内のたくさん色んなところでひまわりが満開に
なったら、きっとみんな元気になります。
その種は、全国から送られてきた福島への復興の思い
がたくさんつまった「希望の種」なのですから。





まだまだ、これからもワクワクすることが
たくさん起こりそうです♪o(^_^)o

  

Posted by まちゃき七代目 at 11:35Comments(2)

2012年03月11日

二年目の3.11

おはようございます!七代目です(^o^)





またも久しぶりのブログ更新になってしまいました(^^)ゞ





七代目は自分の首を絞めるのが好きなようで(笑)
既存の企画の仕事や外でのセミナー、旅行業者様の委員会や
青年部活動に加えて、社内若手チームの勉強会、人材の採用と
教育計画、社内内部改善プロジェクト、福島での新しい旅行
プログラムの開発や県内温泉地活性化プロジェクトなどにも
中心的に関わってしまっているので、なにぶん観光のブログ
が後手に回ってしまっております(^^;)





ほんとに申し訳ないでござる(>人<)





さて・・・今日は3.11ですね。





多くのことは、日々多くのドキュメンタリーが報道されて
いるので、ここであえて七代目が語る必要はないかも
しれません。





でも、テレビで見ることと、





実際に福島の人間の生の声を聞く事は





天と地ほどの差があると思います。






人は、自分と直接関係のない遠い場所での出来事は
リアリティが持てないものです。
私も、阪神淡路大震災や中越沖地震、新燃岳の噴火
があった時に、どれだけそこに住む人のことを考え
られたかと言ったら、恥ずかしながらテレビや新聞
の情報以上のことを知る事はなかったと思います。





同じ東北人の私ですら、岩手や宮城の沿岸部で
津波の被災に合われた方の心情を察することすら
難しい・・・。





私が語れることは、この福島の地で震度6強の地震
があったこと、原発事故があったこと、避難者の方
たちを受入れたこと、そして風評被害の中でどう
観光業を盛り上げていくか、それぐらいです。





ひとつだけ願いがあるとすれば、





あなた自身の「目」と「耳」でほんとうの福島を
知って欲しい。そしてそれを誰かに伝えてほしい。





それは、うまく言えないけど、あなた自身のためにも
そして被災地復興のためにもなると思います。





復興に向けて立ち上がる人の意志の強さに
きっと触れることができ、生きる勇気や元気を
もらえると思います!!





家族の絆、友人の絆、地域の絆をもっと
強く結びつけることができる、そんな旅館
をスタッフと一緒に作っていきたいと思います。






最後に、東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福を
心からお祈りします。
希望ある東北をみんなで作っていくことで
少しでも鎮魂の力になれればと願っています。





来年、さ来年になるたたびに、ひまわりのような
笑顔がたくさん増えていきますように(^人^)
  

Posted by まちゃき七代目 at 08:19Comments(8)つれづれ

2012年03月03日

ひな祭り♪






あかりをつけましょ ぼんぼりに〜♪





お花をあげましょ 桃の花〜♪





五人ばやしの笛太鼓〜♪





今日はたのしいひな祭り〜♪





吉川屋のロビーには、伝統のひな飾りが
展示されています。
ぜひお立ち寄りの際には、ほっこり
癒されてくださいね(^_^)ノ  

Posted by まちゃき七代目 at 11:46Comments(2)吉川屋館内案内