2013年02月14日

七代目の大河ドラマ出演☆ファイナル

こんにちは!七代目です(^o^)/



いま、福島県の会津が舞台となって盛り上がりを見せている
NHK大河ドラマ『八重の桜』



つい先日放送された六話で、ついに会津藩城主
松平容保は、京都守護職になることを決意します。




これが結果的に、幕府の衰退に引きずられあの会津の
悲劇につながっていくわけですが、急転直下の展開に
毎回息をのみながら、見ちゃいますね!!




そして、、、




今回のブログはただの七代目の自慢ブログ
なっていまいますが(^^;)




六話にも七代目がエキストラとして
出演しちゃっていました(°▽°)ノ〜♪











京都守護職の話を聞き、血相を変えて鶴が城に
駆け込んでいく山本覚馬。
はじまって28分くらいのところ、問題のシーンです。











橋の左側、走る山本覚馬に驚いて振り返る会津藩士役。



どう見ても行動が挙動不振です(°□°;)




よくNHKさんはこんなへなちょこ演技にOK出したなぁ〜
(^^;)









カメラが切り替わった直後の数コンマ秒、亡霊のように
山本覚馬とツーショットでうつっているのも確認できました。









おそらくこれだけ目立つエキストラ出演はこれで終わりと
なりますが、戊辰戦争に向けて盛り上がって行く『八重の桜』
ぜひみなさん毎週日曜日、チェックしてみてくださいね!!

  
タグ :八重の桜


Posted by まちゃき七代目 at 10:02Comments(2)七代目おすすめ!