2014年04月12日

またまた三味線。

みなさんこんにちはー七代目です!\(^O^)/


いよいよ福島にも開花宣言がしかれまして、
(今年はめずらしく仙台の方が早かった!?)
福島が桃源郷に、一年で一番美しい時期に
なってまいりましたよ!!


みなさん、ご自慢のカメラの準備は良いですか!?



ちょうどこのブログを書いている時が週末なので、
七代目は桜を撮りにいけませんが(T_T)
先週の公演の記事を書きたいと思います!!



4/6(日)、福島市民家園の旧広瀬座(吉川屋から
車で30分くkらい)で、古典芸能の公演があり、
そこで七代目が所属している飯坂温泉若旦那
三味線ユニット「飯坂だ・べした~ずwith木綿子」
も飯坂三味線を弾いてきましたよ!

旧広瀬座とは・・・

福島県伊達郡梁川町(現伊達市)にあった芝居小屋。
現在は福島市の「福島市民家園」に移築されている。

明治時代、大衆娯楽施設として町民有志によって
広瀬川近くに建てられた。和風の外観だが、小屋組み
には建築当時の流行であった洋風の真束組が採用され
ている。平成10年、国の重要文化財に指定された。


そんな、歴史的な舞台で公演できるなんて、
貴重な機会ッッ!!!


そして、JR福島駅長のお力で、昨年10月の時よりも
たくさんの人が!!行列!すごい!!



こんな感じで福島駅構内にも貼りだされて
いました。
「駅で見たことある!」なんて言われる経験は、
さすがに初めてでした(^^;)




桜もまだ蕾の時節、建物の中も控室も
寒かったー(><)

お客様にはJRさんからホッカイロや毛布が
提供されていました。
わたしたちはかじかむ手で、お客様に
飯坂の「熱さ」を唄と三味線で伝えます!!



昨年は唄い手の木綿子さんと二人だった
けど、今回は師匠のほりえや旅館さんも
一緒なので心強い(^^)

定番曲の
・会津磐梯山
・新相馬節
・飯坂小唄


を弾かせて頂きました!!


本当は他にも「花笠音頭」や「真室川音頭」、
「相馬二遍返し」や間もなく「相馬盆唄」も
デビューできそうな感じなんですが、
時間も限られているのでだいたい定番で
弾くことが多いです。

幕があくと同時に、師匠の三味線の弦が

「ブチッッ!!!」

と切れるハプニングもありましたが、
そこはご愛嬌。本番とは何があるか
分からないものです。。。




会場には福島市のキャラクター、「ももりん」も
応援に来てたよ!




他には昨年もご一緒させて頂いた、
古典落語の萬年亭 床輔(まんねんてい とこすけ)さん、



筑前琵琶の高橋旭盛さんも素敵な演奏で
盛り上げてくださいました。




来年は、DC(ディスティネーション キャンペーン)
というJRさんの福島大型キャンペーンがあります!

それに向けてのプレイベントでもありましたが、
来年はもっとパワーアップした「飯坂だ・べした~ず」
がお目見えできるよう、さらに腕を磨きます!!


☆おまけ☆




打ち上げでご一緒したJR福島駅長の狩野さま
純白の割烹着と笑顔が素敵です。

この方が、まさにいま福島の観光を盛り上げようと
ご尽力くださっています。
微力ながら、お力添えさせて頂きます。



☆おまけ2☆



若女将のブログでもありましたが、
ただいま若女将は八代目を生むべく
産休中です!!

いまや秒読みです!!

子供を産んでさらにパワーアップして
戻ってきますので、みなさん楽しみに
していてくださいね♪

  

Posted by まちゃき七代目 at 12:28Comments(0)七代目おすすめ!