2014年08月04日

若旦那九州温泉記②

どーも!七代目です(^^)

昨日に引き続き、飯坂温泉の若旦那で九州に行った
旅行記を書かせて頂きますっ



黒川温泉の観光協会の理事長さまに直接お話を頂きました。

黒川温泉の成功は、30年前からはじめた「田舎らしい温泉地づくり」
が長年の努力が実り、今があるんだということをひしひしと感じました。
まちづくりは、長期的な視点が大事ですね~



黒川温泉の成功の秘訣のひとつ、「湯めぐり手形」
これにより、温泉地全体がひとつの旅館、という感じで街歩きが
楽しめます!さらに、温泉地の収入の原泉になるという。

さっそく街歩きしながら、温泉も楽しんでみることに。



湯布院温泉もそうでしたが、街並みの色の統一感をつくることによって
とても安心しながら街歩きできます!
お洒落な今風のお店があったり、廃屋がなかったりすることも
「理想の温泉地」と呼ばれる黒川温泉の魅力なんだと思いました。



時間も限られていたので、二件の宿の湯めぐりを。

一軒目は「御客屋」さんの「含鉄泉」のお風呂。初めて入りました。
酸性が強く、長時間入ってると湯あたりしてしまうので、さらっと
入らなくてはいけません。

二軒目は「新明館」さんの洞窟風呂。冒険心をくすぐられます♪
バタバタしながら入ってきました~!



黒川温泉さんは、どこを歩いても写真スポットのような風情が
ありました。
それも、そういった街並みを長年目指してきたからなんですね。
インスパイアというか衝撃というか、私たち若旦那たちに与えた
影響はとても強かったと思います。



熊本県から一路佐賀県の嬉野温泉へ
今日の泊りは、「大村屋」さん。
九州研修の宿泊先は、青年部長の出向先のご友人たちのお宿です。



到着すると、美人若女将さんが手をついてお出迎え!
いや~、旅館に来たって感じしますね!



宴会料理も九州の地の物をつかっていて風土色があり
楽しめました!ちなみに左にあるのはお茶をつかったしゃぶしゃぶです。
(嬉野温泉はお茶が有名です)



日本酒好きの大村屋の若旦那さんとパチリ☆
九州はてっきり芋焼酎だとばっかり思ってたら、福岡と佐賀は
日本酒なんですね!佐賀の地酒を美味しく頂きました♪



そして嬉野温泉の名物でもある「スリッパ卓球」を楽しみました!
どんなものかと思ってたら、やってみたら白熱します(笑)

スリッパ卓球いいな~
飯坂温泉でも広めたいですね!

そのあとは、若旦那さんお勧めの居酒屋で鯨のお刺身を頂いたり、
お洒落なバーで日本酒を頂いたり、楽しい夜を過ごしました。



最終日となる三日目。佐賀県から長崎県に入りました。

メンバーたっての希望で、「軍艦島」周遊ツアーに参加することに。
ただ、残念なことに台風の被害で桟橋が破壊され、いまは軍艦島
に上陸できないんです(TT)



見てください!なんとなく「軍艦」に見えるでしょ?(^^)

この軍艦島は、日本の近代化の最先端、石炭採掘の基地
だったんです



40年以上前に閉山し、完全な廃墟となった軍艦島。

しかしそこにはかつて数千人が暮らし、色んな人々の営みが
ありました。今の日本を作り上げた先人たちの挑戦と汗の結晶。
近代遺産を満喫したいなら、ここ軍艦島はおすすめのスポットですよ!




旅のラストは長崎の「長崎ちゃんぽん」で締め!

・・・しかし旅を終えた七代目を待っていたのは、三日間の旅で
たくわえたお肉をそぎおとすダイエットの日々であったとさ。。。

<終わり>



  

Posted by まちゃき七代目 at 10:21Comments(0)つれづれ