2017年12月19日

年の瀬ですねぇ~

お久しぶりの投稿です、若旦那です!!

ブログはサボりぎみですが、しっかり若旦那業にまい進しております(^^)

もう年の暮れということで、1年をちょっと振り返ってみようと思います!
(あれ、まだ1月のつもりだったけど、1年終わろうとしている…?)



○体調のことについて

2016年の8月に大きな病気(劇症型心筋炎)をやり、病み上がりのまま突入した2017年。
家族や周りの方にご迷惑と、ご心配をおかけしました。

最近の定期検診では1年前は異常のあった心臓の大きさや心電図も、正常になっているとお医者様から聞き安心しております。
ただ、気力や体力は病気をする前の50%くらいで乗り切ってきた1年だったと思います。
(スケジュールを見ると、仕事内容的にはほぼ病気する前と同じ感じでした)

「無理をしない」を自分に言い聞かせて、現場の力仕事ではなく仕組みをつくる仕事に注力してきました。
健康で当たり前のことが当たり前にできるって、本当に素晴らしいことだと、しみじみ思います。



○仕事のことについて

・省エネの推進…電気、重油など経費削減の成果を出せた
・社員が成長する仕組みをつくる…成長シートの作成50%くらい
・ホテル予約システムの更新…12月で完了、さらにカスタマイズを継続
・夕食会場のリニューアル…来年1月着工予定
・業務効率化に向けての仕組みづくり…現在進行形

2018年は、社内の業務改革を実感できるくらい一歩進めたいな、と思います。
これ、ほぼただの自分の振り返りメモですね(^^;)



○若旦那活動について

東北中央道(米沢→大笹生)の開通にともない、山形の米沢八湯の若旦那と相馬と連携したキャンペーンを
実施しました。
そして、いま新しい若旦那図鑑を作成中…まもなく皆さんの目に触れることになると思います。
乞うご期待!



○自分自身の成長について

今年一番大きかったなぁと思うのは、リーダーシップ研修に通い始めたことですね。
自分のコミュニケーション不足や、自分自身の行動や考え方にブレーキをかけているものが何なのか、
組織がどうやって力を合わせてビジョンに向けて進んでいくかなどを学ばせてもらっています。

よく吉川屋にいらっしゃる方に、
「これだけ大きな館、たくさんのスタッフでやっていくのは大変ですね」
と声をかけて頂くのですが、たしかに、簡単なことではありません。

会社経営は経営者ひとりでやっていくものではありませんし、
いかに指揮者として会社全体でハーモニーを奏でるのかが重要だと思っています。
そのために、常に学び続けるリーダーであろうと思います。



○子育てについて

八代目も、やんちゃな三歳児。
とにかく元気!とにかくよく喋ります。
誰に似たんだか…(若女将をチラッと見る)

子育てしていて分かるのは、子供はほんとに細かいところまで
親を見ているなぁということ。
「この子に、どんな未来を残せるだろうか?」という思いが、
自分の生きる原動力になっているのは間違いありません。

自分の子供だけでなく、福島の子供たちに未来を見せる
そんな仕事をしていきたいですね。



○2018年に向けて思うこと

東日本大震災から、来年の3月で7年が経ちますね。
福島への観光客は、震災前の約90%まで戻ったと言われています。
外国人旅行客(インバウンド)は、まだまだ福島への旅行は少なく、
風評被害の影響が色濃く残っているのが伺われます。

東京オリンピックに向けて、これから色んなことが変わっていくと
思います。
米沢から福島までつながった高速道路が、平成32年には相馬まで
つながります。
これにより、南東北の観光の幅がグッと広がります。
福島には多くの先進医療や新エネルギー、ロボット製造の拠点が
できていきますので、それを見に海外からも視察にいらっしゃる
方が増えるかもしれん。

外国人旅行客のお客様の受け入れに向けての多言語化、Wi-fiの
導入などのインフラ整備も必要ですが、一番大事なのは
「私たちの住んでる地域や伝統の魅力の再発掘」
なのかな?と思います。

旅館というのは、旅する人に元気や安らぎ、ワクワクを与える場所。

吉川屋の経営理念のひとつ
「伝統をふまえ、さらに進化し続ける旅館づくり」にならい、
吉川屋の進化の一歩を踏み出す1年にしていきたいと思います。


長文、雑感で失礼しました!
皆様よいお年をお迎えください。

吉川屋 七代目 若旦那
  

Posted by まちゃき七代目 at 09:07Comments(0)つれづれ