2009年07月24日

夏の思い出(2)~縁日編~

夕暮れになっても、ミーンミーンと蝉の声は
おとろえることを知らず、街のビルと公園の木々の間をこだまする





まだ、あなたにとって大人たちが見上げる存在であったころ。





縁日の祭囃子がどこか遠くから聞こえる。
あなたは温かい手にに引かれて、人ごみの中を歩く。
ウルトラマンのお面をかぶった同じ歳の子供たちが
綿あめをほうばりながら通り抜けてゆく。





むぁっと蒸し暑いのだけど、みんなそんなことを気にせず
ドキドキする期待感とともに、屋台の明かりを時間を忘れてめぐった。





型抜き・・・





絶対に当たりが入ってないでしょ?と思えるたからくじ・・・





金魚すくい・・・





射的・・・





チョコバナナ・・・





りんごあめ・・・





カラーひよこ・・・(としがばれる?)






「縁日」は、わたしたちの原風景です。






あの時わたしたちを引いてくれた温かく大きな手は
年月をえて、
いまは小さくて頼りないけれど、何より愛しい手にかわっている





「縁日」というどこか懐かしい日本の風景は、
親から子へ、子から孫へ・・・ずう~っと、繰り返されていく






それは、共通の体験、共通の言葉。






思わず、自分の息子より「射的」を本気でやってみたりしていませんか?





成功するとか、勝ち負けとか、そんな基準を要求する社会に





「ただ笑っていて楽しい」体験。





大事な人たちがいれば、それ以上何もいらないよって





もしかしたら試練のようにも思えるいまの時代は





それを伝えたいのかもしれません。





夏の思い出(2)~縁日編~




パコン!と勢い良く撃鉄を打つ射的の銃。





かすった的は、ぐらぐらと揺れる。





それは、どこにでも売っているようなお菓子の景品なのかもしれないけれど





息子が射的の銃をかまえて必死に標的を狙う姿は・・・





ずーっと昔の、親父に連れられた俺の姿を思いおこさせる。






結局、輪投げ、射的と何往復かして、俺の小銭入れがスッカラカンに
なった頃、やっと手に入れた報酬は昭和の香りがするキャラメルいっこ。






そんなものを、息子は、えっへんとばかりに自慢げに見せびらかせた。





ロビーの縁日コーナーから部屋に戻るエレベーターの中、恥ずかしそうに
タオルの入っている巾着の中に息子は何かを入れた。





「お母さんには、内緒だからね・・・」






やさしく息子の頭をくしゃりと撫でる。





帰りの車の中で口に入れたそのキャラメルは、いままで食べた中で
一番美味しい味がした。






●吉川屋の夏のプランは、家族の思い出作りを応援します♪



・・・吉川屋公式HPはコチラ(PC)  (モバイル)



同じカテゴリー(吉川屋のイベント紹介)の記事画像
夏休みのサマーイベント!②
夏休みのサマーイベント!①
福島銘酒のみまくり祭り開催!!
今年もバルーンアート教室開催!
ひまわり祭り2013も大成功♪
ひまわり祭り2013開催中!!
同じカテゴリー(吉川屋のイベント紹介)の記事
 夏休みのサマーイベント!② (2015-08-21 08:27)
 夏休みのサマーイベント!① (2015-08-20 10:52)
 福島銘酒のみまくり祭り開催!! (2014-09-10 19:51)
 今年もバルーンアート教室開催! (2014-08-13 16:01)
 ひまわり祭り2013も大成功♪ (2013-09-08 19:16)
 ひまわり祭り2013開催中!! (2013-08-14 17:54)

この記事へのコメント
型抜き

よく

舐めたもんです(笑)
Posted by く- at 2009年07月25日 09:28
>くーさん

型抜き!

七代目もちょこっとやったことあるけど
「絶対ムリ!」とあきらめました~♪

よく景品でウズラをもらって育てたものです・・・

最近は生き物は売ってないですよね~
Posted by まちゃき七代目まちゃき七代目 at 2009年07月26日 10:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
夏の思い出(2)~縁日編~
    コメント(2)