2010年02月15日

七代目、幻の酒を飲む!(1)

こんばんは、七代目ですっ☆





今日は、このブログ始まって初!?
くらい、「ほろよい」な感じのブログに
なりそうです!





まぁむしろ今までがほろよい要素が
なさすぎたんですがね・・・(^^; )





時はさかのぼって、2月11日のことになりますが、
このブログでも何度か紹介しております市内の
「SAKEBA 駄愚栖(だっくす)」にて山形の銘酒、
「十四代を楽しむ会」
参加してきましたので、写真もたくさん盛り込んで
紹介しますねっ☆





みなさん、「十四代」という日本酒はご存知ですか??





そこそこ通な日本酒のお店ならお目にかかることもある
かと思いますが、購買するのならそれなりの労力がともなう
「幻のお酒」といえると思います(あとからネットで金額を見て
ビックリしました)





十四代は、山形県の村山市の地酒で、「高木酒造」さん
が造っています。わたしは、いちおう利き酒師の資格は持って
いますが、この「十四代」を語るだけの知識も経験もありません。
なので、今回は勉強と思いこの「十四代を楽しむ会」に参加
させて頂きました。




七代目、幻の酒を飲む!(1)



会場は、和気あいあいとした雰囲気で始まりました。
駄愚栖(だっくす)のご主人が携えた一升瓶を見て
期待のこめられた歓声がおこります。




七代目、幻の酒を飲む!(1)



十四代 純米大吟醸「龍月」斗瓶囲い
(麹米、掛け米共愛山40%未満)




七代目、幻の酒を飲む!(1)



十四代 大吟醸「双虹」斗瓶囲い
(麹米、掛け米共山田錦35%)




七代目、幻の酒を飲む!(1)



十四代 純米吟醸「酒未来」
(酒未来 精米 50%)




七代目、幻の酒を飲む!(1)



知る人が見たら、垂涎もののラインナップなんでしょう
けど、あまりにも凄すぎて七代目はこの時状況を理解
していませんでした(^^;)ゞ





ただ、分かるのは、これから最高のお酒と最高の酒の
おつまみを心から味わえるだろうということだけです。




七代目、幻の酒を飲む!(1)



駄愚栖(だっくす)さんの酒の肴は、ほんとに
日本酒に合う最高のおつまみです!!!





さてさて、続きはまた明日にでも・・・
でもあまり詳しいレポートは期待しないで
くださいね〜(^^;)ゞ




同じカテゴリー(七代目おすすめ!)の記事画像
新食事会場「燈花」4月1日オープン!!
理想の環境!?
フェルメールが福島に!!
春は若旦那とお花見散歩♪
旧堀切邸での演奏♪
若旦那図鑑、新創刊!!
同じカテゴリー(七代目おすすめ!)の記事
 新食事会場「燈花」4月1日オープン!! (2018-03-31 20:02)
 理想の環境!? (2016-10-08 17:48)
 今年は一週間くらい早いかも? (2016-04-08 19:50)
 フェルメールが福島に!! (2016-04-01 09:10)
 春は若旦那とお花見散歩♪ (2016-03-31 16:35)
 旧堀切邸での演奏♪ (2016-02-23 19:41)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
七代目、幻の酒を飲む!(1)
    コメント(0)