2010年03月22日

「またこらんしょ!」福島型観光を推進するシンポジウム

こんばんは!七代目でする〜





少し前のことになりますが、福島市内で開催された
「またこらんしょ!(福島弁でまた来てね、という意味)」
福島型観光を推進するシンポジウムに行ってきました☆





福島市内の「こむこむ」という会場には、数多くの福島観光
に関心のある人たちがたくさんいらっしゃってました〜




「またこらんしょ!」福島型観光を推進するシンポジウム



シンポジウムには、福島の瀬戸市長を中心に、東北の観光を
牽引するビッグゲストが勢揃いで、かなり贅沢なディスカッション
となりました。
参考までに、パネラーの方々は・・・
福島市長 瀬戸孝則
福島市・相馬市・二本松市・伊達市観光圏協議会顧問 清水愼一
東日本旅客鉄道株式会社 福島駅長 三浦丈志
株式会社商工組合中央金庫 福島支店長 山本益巳
福島市観光アドバイザー 紺野純一
進行は 福島市観光物産協会会長 渡邉和裕
(敬称略)





うーん、ゴールデンメンバー!こんな人たちから、
参考にならない話が出るわけがない!





この時も七代目はPomeraを活用して、メモメモ
しておりました〜
いやほんと、Pomera大活躍!!





パネラーの方の発言をちょっとまとめてみました〜




「またこらんしょ!」福島型観光を推進するシンポジウム




■福島市・相馬市・二本松市・伊達市観光圏協議会顧問 清水愼一氏



いま、観光が変わってきており、「まちあるき、里あるき」が人気。
JTB商品で人気なのが「ヨーロッパのまちめぐり」
一回のツアーで100万円を使うご夫婦もいらっしゃいます。
いま「地方都市」が面白い、というのが観光の大きな流れになって
きています。福島はヨーロッパの地方都市になってきている。
コンパクトな都市に、吾妻連峰という景色、土湯、飯坂という
温泉地、花見山という花の名所、食、町歩きの整備が進んで
きています。
お客様に楽しんでいただこうという気持ちが感じられる。





課題は「トイレが少ない、駐車場が少ない、歩く道」です。
町づくりは着実にやらなくてはいけません。
20年以上という大きなスパンの中で積み重ね、進化する
ことが大事です。





今のお客様は、温泉だけでなく食や町をぶらついたりしたい。
メニューやプログラムがあるかどうか?
朝昼晩お客様が過ごすための情報をどうやって集めるか?
それが観光圏の目玉であります。
活動のネットワーク、食の活動、温泉地の活動、
お客様が興味があるのはそういう活動であり、
参加したいと思っている。





観光アンケートで、「大変満足した」と書いてくれる人はもう
一度来てくれる可能性があります。でも、「満足した」と書いた
人のリピートする確率は2割!つまりお世辞である。





お客様は、「大変満足した」以外はリピーターにならないのです





では、「大変満足した」と思う要素は?





一番の要素は「人」、教えてくれた人、市場で語って
くれた人、おばちゃん、ガイド、添乗員etc・・・





「人」が観光を作り上げていくんです。





「おもてなし」って何だろう?
大変満足した、もう一度来たいとどう思わせるか?
それがおもてなし。





「地域のことを語れるか、語れないか」
「何かを聞かれたら答えられるか、答えられないか」





土湯の人が飯坂を語る、飯坂の人が土湯を語る・・・
土湯に来たお客様に、「飯坂の○○は頑張ってるから、
行ってみたほうがいいよ!」と他の土地をおすすめできる
人づくり。





「人」を語れるかどうか!?
人と人のつながり





お客様を紹介しあおう
おもてなしは「人」を紹介しあうことだ





・・・Pomeraを使って口頭のスピードでメモしてみました!
他にも瀬戸市長、三浦駅長さん、紺野さんの発言も全部メモ
してありますが、それをここのブログで書くととんでもない
長さになるので、代表して清水さんの発言のみでm(__)m





ひとつは、これから観光は地方都市が主役になってくる
ので、いかにお客様が安心してこられる整備を、ソフト
ハードともにすることができるか??





そして、何より観光地づくりは「人」づくりである、という事。





観光客への最大のサービスは、そこで生活してる人、働いて
いる人の楽しんでる最高の笑顔を見せつけることだ、という
お話がとても印象に残りました。





そうなんです、わたしたちが楽しんでいることを、お客様は
見にきたいんだと思います。





従来の観光から、ニューツーリズムへ。
日本の観光が革命的に面白くなっていくターニングポイントです。





わたしも、旅館の若旦那という立場から、少しでも活性化の
お手伝いができればいいなぁ!と思いました。
他のパネラーの方の発言を知りたい方は、こっそりと七代目に
「アレんとこ、教えて〜」って言ってきてくださいねっ





Pomera、賢い子!(*´∀`*)



同じカテゴリー(七代目おすすめ!)の記事画像
新食事会場「燈花」4月1日オープン!!
理想の環境!?
フェルメールが福島に!!
春は若旦那とお花見散歩♪
旧堀切邸での演奏♪
若旦那図鑑、新創刊!!
同じカテゴリー(七代目おすすめ!)の記事
 新食事会場「燈花」4月1日オープン!! (2018-03-31 20:02)
 理想の環境!? (2016-10-08 17:48)
 今年は一週間くらい早いかも? (2016-04-08 19:50)
 フェルメールが福島に!! (2016-04-01 09:10)
 春は若旦那とお花見散歩♪ (2016-03-31 16:35)
 旧堀切邸での演奏♪ (2016-02-23 19:41)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「またこらんしょ!」福島型観光を推進するシンポジウム
    コメント(0)