2011年10月05日

映画「はやぶさ」見てきましたー。

おはようございます、七代目です(^o^)/





なかなかブログを更新しようと思っても、バタバタして
いま「飯坂けんか祭り」の写真のリサイズ作業でとまって
います・・・(>_<)





昨日は、毎週受講している「ウェディングプランナー講座」を
うちの部下と受けていました。





今後の吉川屋のウェディングをより良い方に変えていく参考に
なるのはもちろん、「企画」について大変勉強になっています!!





色々と吉川屋にもっとお客様が来てくれる企画や、お客様に
喜んでいただける企画のアイディアがどんどん出てきて
楽しいです☆









・・・何度も同じ事を書かずにはいられませんが、いま
福島の温泉地や旅館は、どこも尋常ならざる厳しい状況です






飯坂温泉から車で40分ほどにある、とある温泉地。






ここは早くから「まちづくり」に成功し、休みの日とも
なれば常にマイカーのお客様で賑わう温泉地でしたが、
震災の影響で1件の旅館が廃業、1件の旅館が営業停止、
その後厳しい営業環境により5件の旅館が営業休止しました。






わたしもよく行っていた温泉地で、「ここを参考にしなきゃ!」
と思うくらいの温泉地だったので、寂しい限りです。





・・・これが福島県の温泉地の現状です。






おそらく地震の影響だけであれば、今頃福島は復興ムードで
盛り上がっていたでしょう。






しかし、首都圏に送電するための東京電力の原発事故により、
福島県は風評被害による(もはや風評とよべるレベルではない)
大打撃を、観光産業は受けてしまいました。





わたしはもちろん戦争を体験していませんが、誤解を恐れず言えば
戦後の次に匹敵するくらいの窮状なのではないでしょうか?






こんな内容、どこのブログも書かないと思います。
でも、声を上げることすらできない叫びを、誰かが上げなければ。
そう思って書かせていただいています。






でも、そんな中でもその温泉地は復興のための協議会を立ち上げ、
復興に向けて一致団結しています。






今まで素晴らしい温泉地を作り上げてきたように、必ず、必ず!!
またお客様で溢れる観光地にしてくれると、七代目も期待して
います!!!










話は変わって、映画「はやぶさ」を見てきました〜o(^_^)o





リアルタイムで、小惑星イトカワからの帰還を見ていた
だけに、とても感動的な内容でした♪





あまりに感動して、当時まんがにしたくらいですからね☆






映画にはフィクションも含まれる部分もあると思いますが、
「はやぶさ」のスタッフたちは絶望的な状況においても
希望を捨てず、諦めず、必ず帰還できる!!と信じていた
と思います。そして、本当に夢がかなった!!






その状況と、今の福島の状況が私にはかぶって見えました。





夢を信じていれば、必ず叶うと。





「はやぶさ」のスタッフたちのように、私たちは絶望的な
状況の中でも、「いま何ができるか?」の最善策を模索し続け、
諦めない。





そんな勇気を頂いてきました〜o(^^o)(o^^)o





ちょっと理系っぽくてマニアックなシーンもありますが、
心にジーンとくる、良い映画でしたよ♪





オススメです!!(笑)


タグ :はやぶさ

同じカテゴリー(つれづれ)の記事画像
2018年を振り返る!皆様よいお年を!
2018年もよろしくお願いします。
インスタ始めました♪
2017年もよろしくお願いします。
若旦那、2016年を振り返る。
ご無沙汰、七代目!
同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 2018年を振り返る!皆様よいお年を! (2018-12-31 17:26)
 2018年もよろしくお願いします。 (2018-01-08 09:09)
 年の瀬ですねぇ~ (2017-12-19 09:07)
 インスタ始めました♪ (2017-05-09 08:48)
 震災7年目のつぶやき。 (2017-03-11 19:22)
 2017年もよろしくお願いします。 (2017-01-02 08:21)

Posted by まちゃき七代目 at 08:49│Comments(6)つれづれ
この記事へのコメント
「風評被害」と言う言葉は誰か一人が発するとそこから多数の良識のない人達広がり大きくなります。そこで押さえておけば被害が最小限に抑えられます。私も足立区役所前で「深浅野菜や果物」の販売があり区長自ら参加された時、中日新聞の記者から風評被害について質問がありましたので、こんな言葉に惑わされないように積極的に購買し消費させましょうと話しました。
一生懸命に作られた農家の人達が可哀そうです。
また、七代目が見られた「はやぶさ」の感想で「希望を捨てず、諦めず、必ず帰還できる」ではないですが被災された方々には「希望を捨てず、諦めず」
これさえあれば力強い「東北魂」で明日が見えます。それには被災しなかった地域の方々が少しの力を差し上げれな必ずや「希望の明かり」が見えています。頑張って下さい。
Posted by 石井 洌 at 2011年10月05日 13:43
はじめまして。もう一人の若旦那に導かれて先日一泊したものです。
宴会場近くに話題の女将さんはじめ勢ぞろいしてましたね。七代目さん
もやっぱりキャラ似てます(笑)。
今回の宿泊で従来の飯坂・穴原(暗い・高い・遠い)のイメージが払拭しました。今回は経費で宿泊したけど次回はかむろみ倶楽部入って自腹で行く価値あります。スタッフの対応のよさロケーション・・辺鄙
な山奥だけど居心地よかったです。ここはもちます。
ムカデ伝説・・・藤原秀郷伝説でしょうか?たしかムカデ退治した鏃どっかでみたような。それでは・・・
Posted by 仙台 三郎 at 2011年10月07日 19:34
>石井さん

いつもコメントありがとうございます。

先日、福島大学の西川教授の講演を聞いてまいりました。
彼は飯坂のフルーツマイスター制度に力を入れており、
震災後も福島の果物の風評被害を払拭し首都圏での販売を
可能にした方です。

いま、福島の農家は誰も諦めていないそうです。
むしろ、「震災前よりもっといいものを」と、さらに
良い果物を作ろうとしています。
そして、その対策はあります。

震災を通じ、福島はもっと良い福島になると確信しております。
その時を楽しみに、リアルタイムの福島をこのブログを通じて
お感じください。
Posted by まちゃき七代目まちゃき七代目 at 2011年10月09日 11:39
>仙台三郎さん

初コメありがとうございます!!
もう一人の若旦那ってうちの弟!?しかもキャラ似てる!?

飯坂温泉は、もう20年も前になる火災と、温泉地そのものの
衰退のイメージで、首都圏の旅行業者さんの中にはいまだに
そういう風に思われている節もあるかと思いますが、飯坂
復興計画を通じて町並みの整備事業も進み、だいぶ変わって
きたかと思います。

穴原温泉は飯坂の少し奥にありますので、渓谷と果樹畑に
囲まれた風光明媚な温泉地です。
またプライベートでお越しいただけるとのことで、ぜひ
お待ちしております!!

百足伝説は近江がメインみたいですが、なぜこの地に
俵藤太伝説が伝えられているのか、歴史をひもとくと
色々と楽しそうですよ♪
Posted by まちゃき七代目まちゃき七代目 at 2011年10月09日 11:52
こんにちわ。もう一人の若旦那・・・吉川屋で10数年前若旦那修行
したことある浜通りの方です(ここまでいうとバレちゃった!?)。
福島の温泉と言えば「聚楽よん~」とガキンチョに刺激的なCMに始まり・・飯坂温泉のドリフの志村旅館みたいな超オンボロが交錯。行った時期が8月の猛暑と川沿いの湿気で完全ダウン。なるべく避けたいと
思っていたが・・・。
もう一人の若旦那に会うたびに吉川屋の話がでてきて出張で行く機会。行くか行かないか迷ってた時に若旦那の一押し。
Posted by 仙台三郎 at 2011年10月10日 16:51
>仙台三郎さん

あ!分かりました(笑)あの方ですね〜

色々とウチのことを心配してくださってるんですね
ありがたいです!!

なかなか最近お会いする機会も減ってしまいましたが、
お会いしたらよろしくお伝えください!!

って、facebookではしょっちゅう顔合わせてますね(笑)
Posted by まちゃき七代目まちゃき七代目 at 2011年10月15日 21:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
映画「はやぶさ」見てきましたー。
    コメント(6)