2012年03月11日

二年目の3.11

おはようございます!七代目です(^o^)





またも久しぶりのブログ更新になってしまいました(^^)ゞ





七代目は自分の首を絞めるのが好きなようで(笑)
既存の企画の仕事や外でのセミナー、旅行業者様の委員会や
青年部活動に加えて、社内若手チームの勉強会、人材の採用と
教育計画、社内内部改善プロジェクト、福島での新しい旅行
プログラムの開発や県内温泉地活性化プロジェクトなどにも
中心的に関わってしまっているので、なにぶん観光のブログ
が後手に回ってしまっております(^^;)





ほんとに申し訳ないでござる(>人<)





さて・・・今日は3.11ですね。





多くのことは、日々多くのドキュメンタリーが報道されて
いるので、ここであえて七代目が語る必要はないかも
しれません。





でも、テレビで見ることと、





実際に福島の人間の生の声を聞く事は





天と地ほどの差があると思います。






人は、自分と直接関係のない遠い場所での出来事は
リアリティが持てないものです。
私も、阪神淡路大震災や中越沖地震、新燃岳の噴火
があった時に、どれだけそこに住む人のことを考え
られたかと言ったら、恥ずかしながらテレビや新聞
の情報以上のことを知る事はなかったと思います。





同じ東北人の私ですら、岩手や宮城の沿岸部で
津波の被災に合われた方の心情を察することすら
難しい・・・。





私が語れることは、この福島の地で震度6強の地震
があったこと、原発事故があったこと、避難者の方
たちを受入れたこと、そして風評被害の中でどう
観光業を盛り上げていくか、それぐらいです。





ひとつだけ願いがあるとすれば、





あなた自身の「目」と「耳」でほんとうの福島を
知って欲しい。そしてそれを誰かに伝えてほしい。





それは、うまく言えないけど、あなた自身のためにも
そして被災地復興のためにもなると思います。





復興に向けて立ち上がる人の意志の強さに
きっと触れることができ、生きる勇気や元気を
もらえると思います!!





家族の絆、友人の絆、地域の絆をもっと
強く結びつけることができる、そんな旅館
をスタッフと一緒に作っていきたいと思います。






最後に、東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福を
心からお祈りします。
希望ある東北をみんなで作っていくことで
少しでも鎮魂の力になれればと願っています。





来年、さ来年になるたたびに、ひまわりのような
笑顔がたくさん増えていきますように(^人^)


同じカテゴリー(つれづれ)の記事画像
2018年を振り返る!皆様よいお年を!
2018年もよろしくお願いします。
インスタ始めました♪
2017年もよろしくお願いします。
若旦那、2016年を振り返る。
ご無沙汰、七代目!
同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 2018年を振り返る!皆様よいお年を! (2018-12-31 17:26)
 2018年もよろしくお願いします。 (2018-01-08 09:09)
 年の瀬ですねぇ~ (2017-12-19 09:07)
 インスタ始めました♪ (2017-05-09 08:48)
 震災7年目のつぶやき。 (2017-03-11 19:22)
 2017年もよろしくお願いします。 (2017-01-02 08:21)

Posted by まちゃき七代目 at 08:19│Comments(8)つれづれ
この記事へのコメント
ずっと忘れずに応援しています。

大地を踏みしめて!明日を信じて!!
Posted by みずぴぃー at 2012年03月11日 09:01
一年ですね
テレビでは震災映像が
流れっぱなしです
風化を防ぐにはいいけど
被災者には気分悪いですよね
ほんと原発ばかりに目がいくようになりはじめ
津波のことは忘れきてるみたい
これからは未来に向け
前向きに東北人には頑張って欲しい!
Posted by くぅ at 2012年03月11日 13:13
>みずぴぃーさん

ありがとうございます!!
そう言っていただけることが、被災地にとって
どれだけ支えになることか・・・

この胸が熱くなる気持ちが、「絆」なんだろうと
思います。

本当に、ありがとうござます(*^o^*)
Posted by まちゃき七代目まちゃき七代目 at 2012年03月11日 16:44
>くぅさん

わたしは・・・震災映像は見ません。
被災地のために作られたものではないからです。
被災地の真実を伝えようとするものではなく、
あくまで視聴率のためのものだと感じます。

震災後、冷静に、メディアというものを
観察し続けてきましたからね・・・

だからこそ、現地には決して報道では知り得ない
「真実」や「生命の息吹」があります。
これは福島に足を運んでくださった方だけが
感じることのできる、お金でははかれない体験
です。

原発事故で16万人もの人が避難生活を強いられて
いることは事実ですが、たくさんの同胞が津波で
命を亡くされたこと、同じ東北人として一番
そのことを胸に刻みたいと思います。

復興への軌跡、ぜひブログで紹介していきたいと
思いますので、今後とも七代目ブログをよろしく
お願いいたします!
Posted by まちゃき七代目まちゃき七代目 at 2012年03月11日 16:48
あれから早いもので1年が過ぎようとしています。3月11日14時46分
あさから原発・津波のニュースでいっぱいでした。とても悲い映像や被害に遭われた方々の言葉を聞き涙が止まりませんでした。しかし、被害に遭われた方々は現実を確り受け止め明日へと力強く歩みだしています。農業を営んでいる方々は「風評被害」にも負けず一生懸命に前に進んでいます。
被害の遭わなかった我々が力を出し、お手伝いしなくればいけません。
頑張ってねと言う言葉は私は使いません。なぜなら被災された方々は精一杯頑張ったのです。私は「共に前に進みましょう」と言い換えます。
これからも、こよなく東北を愛し、東北をもりあげる・・・・・・・どんな小さな事でもいい、少しずつ進もう・・・これが何年たっても東北が元に戻るまで・・・・・・
永遠かもしれないけれど「共に前に進みましょう」と
Posted by 石井 洌 at 2012年03月11日 20:51
この福島から子供達の笑顔が消えないよう、一日でも早いこの故郷の復興を心より願っております。
私自身、この故郷の復興のため、行動を開始したいと思っております。
長い道のりとなりますが、前を向いて進んでいきましょう!
Posted by さくまる at 2012年03月18日 19:34
>石井さん

いつもブログをご愛顧いただきありがとうございます!

私も、被災しなければ分からなかったこと、たくさんあります。
おっしゃる通り、震災から一年、現地の人間は辛苦を味わい、
でもいつまでも悲しんだり落ち込んでいても仕方がないと
現実的に、未来に向けて歩き始めています。

日本人は、もともと他者を思いやる力に長けた民族。
何か最近色々とおかしなことになっちゃってる気もしますが、
真心でつながりたいと思っている人もたくさんいます。

そういった方たちに支えられて、一歩一歩、できることから
復興していきたいと思います!

4月に石井さんの元気なお顔を拝見できるのを、楽しみにして
いますよ♪
Posted by まちゃき七代目まちゃき七代目 at 2012年03月19日 09:51
>さくまるさん

コメントありがとうございます!!

子供たちが笑顔であるために、私たちが笑顔で生き生きして
人生を謳歌しましょう!!

すべては必然、必要なタイミングで、出会うべき人に出会っている。
最近心からそう思います。

みんなが力を合わせれば、奇跡がおきます。
共に歩んでいきましょう!!
Posted by まちゃき七代目まちゃき七代目 at 2012年03月19日 09:54
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
二年目の3.11
    コメント(8)