2015年02月23日

森の中の仏に会いに行こう。

こんにちは!七代目です(^▽^)


森の中の仏に会いに行こう。


先日、4/5まで福島県立美術館で開催している
「円空展」に行ってきました!!


「円空」とは??


・・・美濃(現在の岐阜県)に生まれ、17世紀後半に
北海道から近畿までの諸国を巡り、滞在した村々に
仏像を残した。現存する円空仏は約5000体を超え、
岐阜県や隣接する愛知県に集中している。伐採した
木を断ち割り、丸彫りした仏像の口元に微笑を浮かべる
姿は慈愛に満ち、見る人の心を癒やす。


森の中の仏に会いに行こう。


東京で開催された時も、多くの動員数のあった円空展
が福島に!楽しみだなぁ~。

おっと。

福島県立美術館の入り口にあるこの謎の半円。
どうやって通り過ぎるのが正解なのでしょう?

こないだ雨の日に上を通ろうとしたらあやうく
転びそうになりました・・・。


円空展の中は写真撮影禁止だったので、
文章で感想を伝えますね!!

もともと飛騨の僧だった円空がはるばる北海道に
渡ったのは、江戸時代に有珠山の噴火があった時に、
苦しみ悩む人たちに救いを与えるため、鎮火の祈りを
込めて仏像を彫るためと言われています。

円空の生き方というのは、国宝になるような美しい
仏像を彫るのではなく、北海道・東北を渡り歩く中で、
文字を読めない人たちのために、仏教を体現する
仏像を十何万体と彫り、それを人々に分け与えた
そうです。

だからなのか、仏像の顔は木の温もりとあいまって、
とても優しく、穏やか。
展示されている仏像から、円空が想いをこめて仏を
彫る姿が想像できました。


なぜ木に彫ったのか?というと、木というものは
生命力をあらわし、無限にエネルギーを与える象徴
なのだそうです。

たしかに、ひとつひとつの仏像からパワーをもらえた
気がします♪


森の中の仏に会いに行こう。


若女将は息子の子守で行けなかったのですが
写真撮影に協力してもらいました(笑)

福島民友さんの新聞折り込みに入っていた、今回の
展示会の目玉、円空の渾身の傑作
「両面宿儺坐像(りょうめんすくなざぞう)」と、
お土産に買ってきたクリアファイル(420円)です♪


福島にお立ち寄りの際に、森の中の仏に会いに
行ってみてはいかがでしょうか?


【飛騨の円空展~慈愛溢れる仏像】

開催期間 2015年1月27日~4月5日

開催場所 福島県立美術館 (福島市森合字西養山1)

開館時間 午前9時30分~午後5時(最終入館は午後4時30分)

休館日 毎週月曜日

観覧料 (当日券)一般1000円、大学生900円、高校生以下無料

吉川屋からのアクセス 福島交通飯坂線「飯坂温泉駅」⇒(15分)
              ⇒「美術館図書館前」下車 徒歩3分




同じカテゴリー(七代目おすすめ!)の記事画像
新食事会場「燈花」4月1日オープン!!
理想の環境!?
フェルメールが福島に!!
春は若旦那とお花見散歩♪
旧堀切邸での演奏♪
若旦那図鑑、新創刊!!
同じカテゴリー(七代目おすすめ!)の記事
 新食事会場「燈花」4月1日オープン!! (2018-03-31 20:02)
 理想の環境!? (2016-10-08 17:48)
 今年は一週間くらい早いかも? (2016-04-08 19:50)
 フェルメールが福島に!! (2016-04-01 09:10)
 春は若旦那とお花見散歩♪ (2016-03-31 16:35)
 旧堀切邸での演奏♪ (2016-02-23 19:41)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
森の中の仏に会いに行こう。
    コメント(0)